ほとんど金をかけずにセフレを作ることが可能な時代になっています

ほとんど金をかけずにセフレを作ることが可能な時代になっています。

  1. お金のかからない無料の出会い系サイトが増えています
  2. そして「おごられるのがあたりまえ」と考える女性がどんどん減っています
  3. 草食系男子がどんどん増えているので出会い系サイトが女性優位でなくなってきています

以上の3つの理由から、出会い系でのセフレ探しは簡単になり、なおかつお金がかからなくなっているのです。

以下では完全無料の出会い系サイトをターゲット別にオススメします。

ギャル・若い女の子狙いなら→ラブモバイル

ギャルや若い女の狙いならラブモバイルがとくにおすすめ。かなりフットワークが軽い女の子が多くて「今日の夜会える?」なんていうメッセージが飛びかっています。

若妻狙いなら→若妻Love☆Mode

若奥様狙いなら若妻Love☆Mode。まだ体もピチピチなのに、都合のいいセックスができる若妻は最高ですね。

熟女狙いなら→妻MIX

熟女フェチなら妻MIXがいいですね。わたしはこれまでたくさんの人妻系出会い系サイトに入会してきましたが、妻MIXがもっとも熟女人妻たちが活発でした。

リッチなセレブ奥様狙いなら→プレミア交際倶楽部エグゼクティブ

リッチなセレブ奥様ならプレミア交際倶楽部エグゼクティブがオススメ。男を金で買おうと思っているセレブ奥様が入会しています。

目標達成のフレームワーク「3つのP方式」

ビジネスコンサルタントのブライアントレーシーは、著書『ゴール』のなかで、目標を達成するフレームワークとして「3つのP方式」をすすめています。

3つのPとは、「Positive(明確)」「Present(現在)」「Personal(個人的)」の頭文字をとってもの。つまり、明確で現在形で個人的な標設定をしなければならないということです。そうすることで潜在意識を活性化することができるのです。

つまり、「わたしは結婚をしたい」ではなく、「わたしは来年の12月31日までに結婚をする」と目標設定するのです。

願望を書くのではなく現在形で書くことがポイントです。

セフレがほしいという願望ではなく、現在形で書くのです。

潜在意識はあいまいな指令を処理できません。指令は現在形で断定したものでなくてはなりません。

また、個人的な目標設定をする必要があるので、目標はかならず「わたしは」から書き始めなければなりません。

「わたしは○○する」という文体で目標設定しなければならないのです。

モテるよりも、口説くほうがはるかに簡単

モテたいと思うのは楽をしたいからなんですよね。

女性の方から好きになってくれたら、こちらは口説く労力もいらないし、振られるかもしれないリスクを負う必要もない。

だから、とにかくモテたいモテたいと、念じながら日々を過ごすようになります。

たとえば、甲子園に出場してプロ野球選手になったらモテるようになるかもしれません。M-1で優勝して売れている漫才師になったらモテるようになるのかもしれません。

しかし、わたしたちのような普通の人間がある日「モテるようになる」ことはありえません。

「モテる」のは状態だからです。

状態を想像しながら、そうなりたいと思っても、そうなることは不可能なのです。

以上のことを踏まえて見えてくることがあります。

モテるよりも、口説くほうがはるかに簡単なのです。

たしかに、モテるようになったら、何もアクションを起こさなくても、どんどんいろいろな女性と恋愛をできるようになるのかもしれません。でも、モテるようにはならないのです。ありえないことをいくら考えてもしかたがありません。

そんなことよりも、一人でも多くの女性をデートに誘って口説いてください。

繰り返しになりますが、モテるようになるより、口説くことのほうがはるかに簡単なんです。そして、口説けば口説くほど、口説く能力は増していきます。その都度、口説くことは、たとえ断られたとしても練習になっていくのです。

続けて「モテるようになってセフレを作りたい→モテるために自分を変えるのは欺瞞であるという錯覚」というエントリも読んでみてください。モテるために自分を変えることは正義なのです。そのことがしっかり解説されています。

モテ男から学ぶ出会い系女性と親密になるテクニック

出会い系でのセフレ作りでは事前やり取りで、いかに好感度を高められるか課題。

デートやセックスまで持ち込めない人の多くはやり取りや会話の内容が不十分であり、下準備ができていない状態でアプローチしてしまっているのが特徴です。

そこで、出会い系での成功率を上げるために、モテ男から学ぶ出会い系女性と親密になるテクニックをご紹介します。

喋りすぎず相手の話題を中心に

お喋りでユーモラスな男性は魅力的ですが、喋りすぎは良くありません。

特に、自分の話しばかりのオンステージ状態では、相手の質問や話すタイミングを潰してしまうので注意。

男「○○ちゃんの趣味って何?」
女「△△が好きなんだぁ~」
男「あー、それいいよねぇ~」
男「それで俺の趣味は…」

こんな感じの会話の場合、男側が質問するのは良いのですが、女性の返事に対して膨らませずに自分の話題に切り替えてしまっています。

これでは相手は「話し聞いているの?」「私に興味なさそう…」と感じてしまうのでNG。

女性の返答に「興味がある」「もっと知りたい!」と思っているように振る舞うのがポイントで、相手の話題中心で会話をしていくのが大切です。

自分の話を“自分きっかけ”でしてしまうと、相手の質問ネタをどんどん潰してしまうので、相手から聞かれるのを待つのが良いでしょう。

会話をリードすることや、お喋り上手を演出するのは大事ですが、独りよがりにならず相手の魅力を引き出すようなトークを意識しているのがモテる男の特徴です

話しをよく聞きしっかりと相槌を

モテる男は会話では基本的に“聞き手”に徹しています。

しかし、ただ話しを聞いているのではなく相手の会話を理解し、次の話題や流れを意識しながら聞いているのがポイント。

聞き手のアクションとして大切なのが“相槌”であり、どのような相槌をするかで相手に与える印象は違ってきます。

「へー」
「そうなんだぁ」
「なるほどねー」

こういった相槌を使う人が多いですが、素っ気ないリアクションは『聞く気がない』『興味がない』と感じさせてしまうのでNG。

相槌では女性に話しに興味があり、共感しているというアピールをすることが大切であり、多少オーバーで具体的な返答をするのがベストです。

女「今日の朝にスマホを落としちゃった」
男A「最悪だね、スマホ壊れなかった?」
男B「マジ!?そういうことがあると1日中萎えるよね」

こういった会話の場合、女の話しから読み取れるのは『朝一にスマホを落とした』こと。

男Aはスマホを心配しつつ相手への気遣いもしていますが、女としてはちょっと弱いです。

男Bは『朝からスマホを落としてテンションが下がっている』というところを察知して返答をしているので、女は共感してもらえていると感じます。

話しから相手の心情を読み取り、1番して欲しい返答や相槌をするのがモテる男になるためには必要なのです。

相手に共感する

女性とのやり取りでテンションは重要であり、相手がどんな気持ちで文章を打っているかを読み取るテクニックも求められます。

女「今日上司に軽いセクハラされた!!ムカつく!!!」
男「辛かったね、そんな上司いるんだね」

こんな会話の場合、女はセクハラされたことで激おこ、男は冷静に返答しています。

相手が興奮しているのでこちらはなだめ役に徹するのが良いと思われがちですが、こんなときは一緒にその上司に対して激怒するのが正解です。

「は!?そんなクソ上司○ね!!ありえねぇよ!!」

これくらいオーバーで感情丸出しの返答が理想、冷静に解決策などを提案するのではなく一緒に怒り、相手に共感するような返事が良いでしょう。

些細な出来事に対する返事1つで、女性は“自分を理解してくれている”と思うもの。

自分とのテンションに温度差がある場合でも、女性の気持ちになって一緒に共感してあげられるのがモテる男の魅力なのです。

デートの誘いは男から

デートの誘いなどの大胆なアクションは男性からするものですが、どのタイミングで仕掛けたらいいかは難しいポイントです。

ですが、出会い系では短期決戦が基本となるので、だらだらと会話を続けていては相手の気持ちが離れていってしまいます。

そのため、相手が自分に興味を持っているかは会話の流れや内容で判断し、「いける!」と思ったらすぐにアプローチするのが良いです。

誘いの目安としては相手から頻繁に質問されたり、用事もないのに連絡があったりすると、自分に対して興味を持っているサイン。

そうなればデートの誘いをしてもOKなタイミングなので、セフレ作りであればエッチな話題を中心にトークするのも良いでしょう。

何気ない話題で盛り上げ、エッチな話題で相手の気持ちを興奮させて興味を持たせる。

しっかりとこの流れを作れれば、出会い系での成功率も高くなるでしょう。

誘って断られれば次の女性に切り替えればいいだけなので、失敗を恐れず自分のタイミングでアプローチするのがモテる男になるために秘訣です。

モテ男から学ぶ出会い系女性と親密になるテクニックまとめ

モテる男とは、顔や容姿が優れているイケメンだけではありません。巧みな話術で女性を楽しませ、相手を夢中にさせられるのもモテる男なのです。

さらに、外見よりも話し上手でユーモラスな男性を魅力的と感じる女性も多いので、ブサイクでも話術さえ習得できれば出会い系でも十分通用します。

モテる男の会話術を活かし、出会い系でのセフレ作りに取り組んでいきましょう。

セフレになりやすい女性

セフレマーケティングを利用してセフレを作るために、まず最初にすることはターゲットを明確にすることです。

あなたの強みをいかすことも大切ですが、きちんとターゲットを決定し、そのターゲットに合わせた対策を立てる必要があるのです。

本日は、セフレになりやすい女性を紹介しましょう。

性的欲求不満

彼氏や旦那とのセックスに不満を抱いていたり、セックスレス状態にある女性、彼氏が居なくてセックスをしていない女性に多いタイプです。

このタイプは30代の女性や既婚者の女性に多くいます。

出会い系サイトって若い子ばっかりかと思ってたら、案外そうでもないんです。けっこう30代からの女性も多く登録しています。

まあ、そういう人ってのは大抵が暇とカラダを持て余した人妻なんですが(笑)

ちょっとリスクもありますけど、やっぱりいいですよ人妻との出会いは! なんといっても話しの早さと、ドライな関係になるのがいいですよね。ぶっちゃけセフレとしてなら人妻にまさるものはないですよ。

なにせ普段から欲求不満でいるので、すごい濃密なセックスを求めてきますし…。男として一度は言ってみたい、「もうこれ以上無理だよ!」というセリフを言えるチャンスでも有ります。

人妻童貞のひとはぜひ、これを機にいかがですか?

精神的欲求不満型

寂しがりやの女性、彼氏と別れた直後の女性、ストレスが溜まっている女性に多いタイプです。

このタイプは基本的に病んでいる時期に癒しを求めてセフレを募集したりします。

騙されやすい

上記の2タイプとは違いセフレを探していません。

ただ、押しに弱く、頼まれたら断れない女性に多いタイプです。

このタイプは会って、強引にホテル、自宅に持ち込めばエッチが出来る女性になります。

なお、出会い系サイトは諦めも肝心です。

出会い系サイトというものは簡単に仲良くなれたり話せたりする長所がありますが、逆にそれがそのまま短所になってしまいます。

つまりは簡単にそっぽ向かれてしまうことも多々あるわけです。

やはりこれだけ選り取り見取りだとそうなってしまうのは人間の心理上しかたのないことですし、残念ではありますがあまり責められることでもありません。

ここはお互い様だと割りきって次へと移行しましょう!

フラれたのにしつこくするのははっきり言ってお互いにとって負の行為でしかありません。やめましょう。

セフレアンケート

セックスだけの関係……セックスフレンド(セフレ)関係に男性なら必ず1度は憧れますよね。

面倒な恋愛感情を抜きにした体だけの関係。素敵ですね(笑)

さて、このセックスフレンドとは、どのような経緯でセフレ関係になったのか、

こんなアンケートがあります。

1位:元カレ・元カノ:41%
2位:出会い系、SNS:31%
3位:仕事場・バイト先:15%
4位:その他:13%

という結果になっています。

注目すべきは2位になっている出会い系サイトやSNSです。

SNSは友人間のコミュニケーションを行うといった一方で、出会いの場にもなっているようです。

が、ここ最近ではmixi、モバゲー、GREEなどは厳しくなり過疎化が進んでいます。

そういうSNS系のサイトを離れた女性達は出会い系サイトにどんどん移ってきているんです。

実際私も5年前から出会い系サイトを使っているんですが、以前より

明らかに女性が多くなり、エッチで大胆な女性が多くなったと実感しています。

現状の出会い系サイトはいつの間にか女が男をあさる状態になっているようです。

このビックチャンスを逃す手はありません。今すぐ登録してあなたも

セックスフレンド(セフレ)を作ってください★

行動心理学を活かせば誰でも「最高の男」になれる

行動心理学を活かせば誰でも「最高の男」になれるんです。

行動心理学は、出会い系で女を引っ掛けるのに有効! しかもただ、女性とセックスできるだけではなく「最高の男」というイメージまで抱いてくれるとしたら……? 使わないともったいない!

行動心理学の知識がない人でも使える、5つの代表的な心理効果をご紹介します。恋愛ではもちろん、仕事でも役立つこれらのスキル…身につけておいて、損はないですよ!

褒める時は「ウィンザー効果」

メッセージやチャットでやり取りをしている時。女性との距離を縮めるためにとりあえず褒めるという男性は少なくありません。

実際、アポに成功し初めて顔を見たときも「可愛いね」「オシャレだね」「キレイだね」とベタ褒めすることでしょう。

そこでもう一捻り効かせる技がこの「ウィンザー効果」です。

これは本人からの話よりも、さらに別の第三者からの言葉のほうが説得力が高まるという効果。

例えば、ある食べ物を紹介する際「僕はとっても美味しいと思う」というよりも「僕はもちろんだけど、職場の同僚も美味しいと言っていた」という感じ。

自分でない別の意見を盾にすることで、より訴求が高まるのです。

それを上手に活用するなら、落とす前のアプローチ段階。

「芸能人の◯◯に似ていると言われたことがある」なんて彼女の言葉があれば「俺、すっげーファンなんだけど!」よりも「友達がガチのヲタでさ!周りもファンが多いよ!間違いなく美人だね」なんて具合に、さり気なく第三者を登場させると、より持ち上がるアプローチに。

ただ褒めるよりも、インパクトも強いですね。

プライベートは「ツァイガルニク効果」

また、仕事や趣味、最近の関心事……といったプライベートな話題は話のきっかけ作りや、会話を膨らませていくのに役立つもの。

ただ相手に根掘り葉掘り聞き出すのもアレなので、まずは自分の情報を公開していく男性も多いでしょう。

ただし、プライベートな話をする際は「ツァイガルニク効果」を意識するのが吉。これは満たされるゴールや達成感を与えられないと、人は物足りなさを感じ強い関心やインパクトを与えるという心理効果。

すべてをあけっぴろげに提案するよりも、あえて情報を小出しにする方が相手の欲求が強くなり、興味を惹くことができるのです。

これを出会い系サイトで活用するなら、ほどよくプライベートを公開する。

ただし、ミステリアスを意識してあまりに情報提供がなさすぎると、出会い系サイトの場合は疑心暗鬼な不安要素が強くなるので、あくまでも小出し作戦が有効です。

トラブル回避にも使える「保有効果」

そして、万が一のトラブル回避にも使えるのが「彼女がいる」とというカミングアウト、もしくは設定であえて”人のもの”というアプローチをする方法。

この「保有効果」は、相手に対し”それだけ価値がある”と思わせるのに加え”そんな男性と一緒にいられる私も、優れた人間だ”と印象を強くさせれば手放すことがもったいないと感じてくれるのです。

細く長いセフレ関係を継続させて、なおかつ彼女や結婚といった面倒なトラブルを予防するのにも有効と言えるでしょう。

セックスでは「ゲインロス効果」

さらに、セックスの場面で特に役立ってくれるのが「ゲインロス効果」。

これは人が、思っていた以上に満足したり良い印象を抱く心理効果ですがただひたすら頑張るだけでなく、あえて一度マイナスの印象を与えることでより大きなプラスの結果に繋げることができるのです。

「俺はセックスで何人もの女をイカせた」
「経験人数は豊富だから、満足させてあげられる」

という自信たっぷりなフレーズよりも

「久しぶりだから、緊張しちゃうなぁ」
「あまり人数は多くないから、慣れてないけど……」

と心配になる言葉を口にしてみたり、挿入直前で「ちょっと待って」と中断させてから一気に奥まで…といった行動でも有効。

「思っていたよりも、とっても気持ちよかった」という彼女の口には出さない本音こそ、立派なゲインロス効果と言えるでしょう。

まとめ

ちょっとしたマーケティングを参考に、行動心理学を活用すれば思っている以上に「最高の男」を演出することができます。

何も、高いスーツや時計を買い揃えたり、身だしなみを整えたり好きでもないトレンドを追いかけるだけが「最高」ではありません。

ぜひ、女性とのやり取りではこれらのテクニックを活用してみてはいかがでしょうか?

出会い系サイトを活用するために重要な「3つの能力」とは?

リアルの生活では女っけがあまりになくて寂しい……出会いもない……そういう人こそ、出会い系サイトを使ってデート相手やセフレをゲットしましょう!

リアルでモテないのにネット上でなんてもっと無理、そう思う人がいるかもしれません。けれどそれは間違いです。リアルではモテなくても、出会い系サイトだからこそ使えるテクニックによって女性を落とすことが可能です。

このテクニックは誰にでもできるものですが、言ってしまえば日常生活や仕事でのコミュニケーションの応用でもあります。けれどリアルだと、これらの手法を女性に対してあまり使わない男性が多いです。やっぱり見た目の好みに惑わされてしまうんですね。けれど見た目が好みだからといって女性を好きになっていると、あなただって見た目がよくないと好きになってはもらえません。

出会い系サイトを使う女性は、すごく美人というわけではないかもしれません。本当に美人ならリアルで男に不自由しておらず、ネットでまで探そうとはしないでしょう。

けれど「普通よりちょっと可愛い」くらいの女性はゴロゴロいます。そういう女性を出会い系サイトで落とすには、リアルでは使わない手法を使うことが必要です。普段され慣れていないことをされることで、女性の気分は盛り上がって特別な関係になりやすいです。

マーケティング能力

まずは、相手を知ることから始めましょう。ここでマーケティングするべきなのは、登録している女性全体です。ここでは一旦、自分の好みの顔かどうかは置いておきましょう。どちらにせよ、出会い系サイトでは写真はあまりあてにならないものです。

最初に考えるべきなのは、あなたがどのような層の女性に好まれるか? ということです。全然需要がないところに売り込みに行っても、営業は成立しません。それと同じです。確実に需要のあるところを見つけて、求められるところで自分をアピールしましょう。

例えば自分の売りはなんなのかを考えてみます。誠実なところ?それとも軽い気分で楽しく遊べるところ?その違いで、どのタイプの女性にメッセージを送るべきなのかが大きく変わります。例えばあなたが誠実さをアピールできるネタに強いなら、プロフィールでは似たように誠実そう・地味そうな女性の方がいいでしょう。反対に遊ぶだけの後腐れない関係(セフレ)を探しているなら、プロフィールがチャラそうというか、正直言って頭が良さそうに見えない女性にアプローチしてみましょう。あなたの要求が通りそうでアピールが通用しそうな層を開拓できれば、メッセージが返ってくる率はかなり上がります。

自分の好みを優先して生きているから、リアルでは出会いがないのです。出会い系サイトでは逆に、相手の好みに合致するような自分像を作り上げてみてください。

観察力

実際にメッセージをやり取りし始めても、最初のうちはお互い様子見をしています。この時に「この女性はサクラじゃないか?実際に会う意志があるのか?」ということをしっかり観察しておかないと、いつまでたっても会えないままになります。サクラに踊らされていては出会えないので、早目に気づいて切ってしまいましょう。

女性の言い分に不自然な点はないか?以前と違うことを言い出さないか?そういう点がチェックポイントです。

楽しくメッセージをやり取りすることが目的ではなく、出会うことが目的だということを忘れないで。いつだって気を抜かずに相手を観察しましょう。おだてられて舞い上がってしまっては、観察力を発揮することができないので気をつけてください。むしろ舞い上がっている自分を観察して、サクラの口車に乗せられているんじゃないかと疑うくらいの冷静さでいきましょう。

リサーチ力

メッセージをやり取りしているうちに女性から気に入ってもらえたら、後が楽です。ここではリサーチ力を発揮して、相手の女性がどんな話題の時に話が弾むのかを調べあげましょう。一つのことで盛り上がれば、似たネタを振ってみます。盛り上がれば続けて、盛り下がれば他の話題に移ります。それを繰り返していけば、相手の好みを調べあげることができます。そして話しているうちに影響されちゃった演出で、あなたもそのことに興味があるふりをしましょう。共通の話題で盛り上がれる土壌を作れば、自然と好感を持たれます。

このリサーチ力は、実際に会う時にも重要です。出会い系サイトで知り合った女性にストレートに「会いたい」と言うと、警戒されてしまうのがオチです。けれど事前にその女性の好みを知っていれば「この◯◯のお店が良さそうだから、見に行こう」など相手の趣味にあった提案ができます。会うことが重要なのではなくてお店に興味があるふうにすれば、女性の警戒心は下がります。

よく女性を「パスタが美味しいイタリアンのお店」に誘う男性がいますが、これだとありふれすぎていてマニュアル感が強いと女性は感じます。誰にでもそういう誘い方をしているんだろう、と思われてしまうと女性は機嫌を損ねます。オリジナルかつ、その女性にしか届かないようなアピールができるようになることが必要です。それには、リサーチ力が必須です。

いかがだったでしょうか? リアルで女性が実際に目の前にいる状況が苦手でも、画面越しの出会い系サイトでならこれくらい冷静に話を運ぶことは決して難しくはありません。その中から実際に会える女性だけが、あなたにとってのリアルになります。その他の女性の反応は気にしすぎず、たくさんメッセージを送って経験を積んでください。

どうも反応が悪い、次のステップに勧めないと感じたら、マーケティングからやり直してみましょう。やり直す時にはターゲットが悪かったのだと考えればいいだけで、あなたは何も悪くありません。
観察力やリサーチ力も、場数を踏むことでより強くなります。どんどん慣れてくるので、やり取りのコツやサクラの見分け方だって分かってきます。

リアルではできないこういった手法を惜しみなく使えば、出会い系サイトを活用することができます。あなたのマーケティング能力・観察力・リサーチ力を発揮して、ぜひいい出会いを見つけてくださいね!

インテリ女を狙うという戦略

今年のバレンタインを控えた2月初旬、ニューズウィーク日本語版で、出会い系サイトが取り上げられ、中高年に異性との出会いやデートを勧める記事が掲載されました。

ニューズウィーク日本語版の主要な読者層はビジネスパーソンですが、環境問題など、幅広いテーマが取り上げられることから、主婦や学生にも人気があると言います。

読者の年代層では30代前半がもっとも多く、次いで40代前半、30代後半と続き、30歳から44歳までの読者が全体の4割程度を占めているようです。

こうした購読層を持つ雑誌で、中高年に向けて出会い系サイト利用を促すかのような記事が書かれたことは、マーケティング的に見れば当然かもしれません。結果的に、これから少なからず影響が出て来るのではないかと期待されます。

というのも、明らかに出会い系サイトの取り上げられ方が、今までとはスタンスが異なるからです。

かつて出会い系サイトを記者の体験談風にまとめて取り上げていたのは、もっぱら男性を読者層とする『週刊ポスト』や『週刊現代』などでしたから、ニューズウィークが正面切って取り上げ出したことは、それ自体エポックメーキングです。

さらに出会い系利用を勧める記事を書いた記者は女性であるだけに、意識の高いキャリアウーマンやインテリ主婦などが、記事に触発され出会い系サイトに興味を持ち出す可能性は十分にあります。

女性記者は駐在するアメリカで出会い系サイトが隆盛状況を迎えているのを目の当たりに見て、やがて日本でもこの現象が起きるだろうと見ているふしがあります。

この記事を好機ととらえ、インテリ女を狙ってみてはいかがでしょうか。

なぜインテリ女か

まず、経験的に頭の回転のよいインテリ女ほど割りきりが早く、納得さえすれば簡単にやらせてくれるからです。

感情でものごとを考えません。論理で考えるので、条件がそろえばセックスまでの話が早いのです。

また、キャリアウーマンだと金も持っていますから、奢らせることも出来ます。

同時に、仕事のストレスを溜め込んでいるキャリアウーマンも少なくないので、激しいセックスを好むのもインテリ女の特徴です。生にも性にも貪欲で意欲的なんですね。セフレにはもってこいです。

仕事もするし、セックスも人一倍好き。だけど職場で浮いた噂はご法度。こっそり登録出来る出会い系は、合理的に擬似恋愛をして、セックスを楽しむのにもってこいだと考えています。

つまりニューズウィーク誌日本語版の記事は、こうしたインテリ女の持つウォンツ、ニーズにまさにぴったり、おあつらえなわけです。

インテリ女は逆差別経験者

内閣府が男女参画社会を推進していますが、そうした取り組みを国挙げてしなくてはならないほど、現実の社会で女はまだまだマイノリティです。

とりわけインテリ女は、社会的には本来勝ち組になるわけですが、男社会の中のようにそれがストレートに、地位なり収入に結びついていなかったりするわけですね。

それどころか、インテリであるがゆえに同性の女から煙たがられたりといった、いわば逆差別の経験をしているインテリ女は珍しくありません。

なかなかインテリ女も実情は寂しいものなんですね。

出会い系サイトにしても、海外にはIQの高い人間だけの出会い系があるそうで、入会のためには入学試験並みの検定試験を受けて、それをクリアしないと入れてもらえないそうです。

ところが日本にそういう出会い系サイトはありません。それで、インテリ女も大手出会い系サイトに紛れ込んだりしてくるわけです。

まさに逆差別を受け続けているともいえるわけです。それだけにインテリ女の心と体の隙間に入り込んであげれば、喜んでもらえること請け合いなのです。

権威としてニューズウィーク誌を引っ張り出す

メールを書く際、権威ある媒体の文言を引用するのも、説得力を持たせる一つの手ですね。

ニューズウィーク誌の日本語版は、舶来好みの日本人に、それなりのインパクトを持っています。読んだことはなくても、名前だけなら聞いたことがあるというインテリ女も少なくはないはずです。

また、日本女性の海外ブランドに対する弱さも、こうした海外誌の日本語版を引き合いに出すことを有利にします。

車で言えば、右ハンドルの外車といったところでしょうか。女を乗せるのに、逆輸入した左ハンドルの国産車ほどバカらしいものもありませんから、同様にデイリー読売なんかよりニューズウィークははるかに女受けがいいんです。

ただ、いささか残念なことに、ニューズウィーク日本語版の発行部数は6万弱と、雑誌媒体の中でもかなり劣勢で、朝日新聞系のAERAの10万に比べても少ないですね。

名前のインパクトは大きくても、実際にインテリ女がこの記事を読んでいない可能性は高いですね。

それでこちらからどんどんこの記事を宣伝して、インテリ女にニュースソースを提供するなりして、出会い系サイトの有用性を訴える作戦は必要かもしれません。

いずれにしろ、とても有用な記事なので、どんどん活用してインテリ女を落としたいですね。

ポジショニング戦略を利用したセフレ攻略

ビジネスの世界で売り上げを増やすもっとも簡単な方法は値段を上げることですね。顧客単価が上がれば売り上げは簡単に上がります。

しかし、値段を上げたら当然に顧客は離れていきます。

そのため、企業はさまざまな顧客単価を上げるためのノウハウを持っています。

  • うな重の松・竹・梅の3つの値付け
  • 容量によって値段の変わる iPhone
  • 細かなプランにわかれた携帯料金

これらは、金のある顧客には高い商品を、そうでない客は安い商品を買わせることで、すこしでも高いものを買わせて顧客単価をあげようとする戦略です。

さて、もう一つ顧客単価を上げるテクニックがあります。

ポジショニング戦略

それは、市場の中のポジショニングを変えることで顧客単価を上げる戦略です。

たとえば、ミネラルウォーターのエビアンは1本100円ですが化粧水として1000円近い値段で売られています。ミネラルウォーター市場では価格を上げることはできなかったけど、化粧水市場では価格を上げても十分戦えるのでしょう。

また、建物が古い飲食店が、古民家カフェになったとたんに値段を倍にしても集客が増えるなんていう例もあります。

シーブリーズは、もともと海へ行く男性向けの商品でした。その後、10代女性の普段使いのデオドラント商品としてポジショニングを変更した結果、売り上げは8倍になったそうです。

出会い系サイトでポジショニングを利用する

出会い系サイトでも、このようにポジショニングを利用することで、出会いを優位にすすめることができます。

たとえば、あなたが若く見える30代後半の男性だとしましょう。その場合、若く見えるからといって、30代前半男性に混じって出会い系サイトで勝負してはいけないのです。若く見えることで30代男性と競争してもかなうはずがありません。若くみえることと若いことには歴然とした違いがあるんです。

そうではなくて、40代男性に混じって勝負すればいいんです。40代男性として実際に会えば「若く見える素敵な人」と思われるはずです。女性は遺伝子レベルで「若く見える人」を好みます。それが健康の証だからです。

このように、自分がどこで勝負するのがいちばん自分の単価を引き上げるのかを意識しポジショニングを変更することが出会い系サイトで成功する近道なのです。