なかなか会ってもらえない時にはどうしたらいい?

さて、なかなか会ってもらえないなんていう悩みが多いですね。あまりに会ってもらえないことが続いた場合どうしたらいいでしょう。

そういうときは、一度理由を聞いてみたらいかがでしょう。

ただ、理由を聞くときにあまりぶっきらぼうになったりしないことです。

「どうして会いたくなの? 」「どういう理由で? 」みたいな感じですね。

メールだとよけいに無機質にみえるんですね

「そっかー、会えないかー。今は忙しかったりするのかな?^^」

みたいな感じがいいですよ。

「今、忙しいから会えないです」と言われたらこれは脈があります。

実際出会う事はしばらく忘れ、 全然違うメールをいつものように繰り返しましょう。

そして、女性が「今ならいいかな……」と思うタイミングでデートを申し込んでください。

女性が「最近つまらない」など そういうことを言い出したらチャンスです。

この時こそ「じゃあ会ってみませんか? 」など 出会いの誘いを入れてみてください。
ここで重要なのは、女性の寂しさ、日常生活での物足りなさに 刺激を与えられそうなメールを送る事です。

そしたら女性は「この人と会う事で変わるかも? 」といった 希望を抱く事が出来ます。
女性が弱みを見せた時、 それが出会いのチャンスです。

出会い系サイトでプロフィールを書くときに気をつけるべきこと

出会い系サイトは、個人的にはかなり昔から利用していますが、現在ではユーザーの質が変わってきたように思います。男女問わず、以前と比べて好みや言動が変化しています。

それはどういう変化かと言いますと、「以前と比べて現実世界でアクティブな人が減っている」ということです。

以前は現実世界でも「勝ち組」のような人が片手間で出会い系サイトに登録し、今でいうリア充同士でカップリング成立、というようないわゆる「一強多弱」な様相を呈していたと感じますが、現在のサイトでの登録者を見るとそんなことはなく、かえって「現実ではパッっとしないけど、実際に会ってみると良い人」が増えているという印象です。

それに伴って、興味を持ってもらえるきっかけも変わりました。

まずみなさんは多かれ少なかれプロフィールを見てからその人の性格や人となり、生活スタイルを判断することになると思いますが、そこで与える第一印象が出会えるかどうかを大きく左右するようになったのです。

以前は簡単に「車持ち」みたいなプロフィールだけでも興味を持ってくれたのですが、今はそんなシンプルな表現では女性はなかなか興味を持ってくれません。

ですから、いくら現実がそうであったとしても、もっと書き方に工夫を凝らした方が女性と出逢える、興味を持ってもらえる可能性は高まります。

「車持ち」これだけでは足りない、ではどうするか、ですが、車種を追加し、車に関する趣味も追加しましょう。これだけで印象がグッと良くなると思います。

「○○○乗り、趣味はドライブ。夜中のドライブがストレス発散方法です」など、付随する情報をどんどん追加していきましょう。プロフィールを見た方はその中のどれに反応するかはその人次第です。できるだけたくさんの「話題のきっかけ」をプロフィールに書き込むことが、相手との距離感を縮めることに寄与します。

また、専門的なこともなるべくわかりやすい文章にしてあげると更にグッドです。意外と、男性の好きなことを女性は知らないことが多いので、そういう心配りもプロフィール作成には必要になってきます。

あなたの童貞、買わせてください!!

あなたの童貞、買わせてください!!

なんてメールが来たことはありませんか?

たとえ貴方が童貞じゃなかったとしても童貞のフリをすれば…なんて思わず思ってしまいますよね。

当然これもほとんどがウソです。童貞フェチだという女性は確かにいます。それも少なからず。

ですが、そういった女性が好むのはやはり若い男性に限ります。それも…せいぜい二十歳を少しすぎたくらいまでが限度でしょう。

そういった女性たちが楽しみとしているのは「これから先、いろんな女性を知っていくだろうけど、初めて知ったのは私!」

というちょっとした優越感と征服欲のためにあるのです。つまり青田買いというわけで…年季の入った田んぼに興味はないのが実情です。

出会い系などで知り合った女性とセックスする方法

出会い系などで知り合った女性とセックスする方法。男なら是非知りたいところでしょう。

「チビ・デブ・ブサイクで容姿体型にいまひとつ自信がない」わたしのようなひとたち。せっかく知り合った人妻とデートが実現したのに、うまくセックスに持ち込めないでイライラしたり、結果的に単なる「イイ人=おごり役」で終わった経験がある方も多いのでは?

デートに出てくる女性は様々です。体の関係を覚悟してきている人から単に顔を見たい程度の興味で出てくる人まで。デート中にその真意が分かるとこちらも楽なのだが、そうはいかないのが女性。まったく掴み所のない女性は多い。

そんな中で、私は、できるだけ直球勝負にしている。そう、ストレートに言うようにしているんです。相手は大人の女性です。男がソレぐらい考えていることは先刻承知。中には「誘われ慣れ」し、予め答えを用意している女性もいる。

だからこそ当たって砕けろではないが、思い切ってぶつかる事が大切。

ただ注意したいことはある。まず台詞。車でいきなりラブホに横付けし「いいだろう?」は、女心知らずな強引男の古典的手法。女性が「バカにされた・安っぽく見られた」と受け取られかねません。要は「貴方とセックスしたい」こと「貴方だからそういう気になった」ことを伝えるべきなんです

そして、NOの返事が来たときに、その理由をしっかり聞くこと。「不貞行為への抵抗」「今日は初めて会ったから」「私はそんなイイ女じゃないと思 い込んでいるから」理由は様々である。そこは理解を示し共感するべきである。そしてNOが出たら、その後しつこく誘わずにその日は諦めること。潔さは信頼感を生むことにもなる。

NOをもらっても帰りがけや、翌日のメールに「本当は誘ってもらって嬉しかった」「昨日は期待に沿えずごめんなさい」「体に自信がないの」などのメールが展開することはとっても多いですよ。