女性が「セフレになっていいかな」と思う男性の特徴とは

セフレを作りたいなら、女性が望んでいる存在にならなければいけません。

具体的にどんな男性は女性目線から見て、セフレでも良いと思えるのか検証していきます。

ガタイが良い

男性は女性の体を選ぶケースがありますが、実は女性も同様に、男性の体を見極めて選ぶ傾向があります。

例えばボディビルの人の体を見て、「腹筋に触りたい」と思ったり、「筋肉に触れたい」という女性も多いです。

女性が、「男性の体が好き」ということを実証するエピソードがあります。

お笑いコンビのオードリーの春日が、ボディービルダーのイベントとして開いた「ボディータッチ会」に、なんと女性が300人も集まりました。

参加した女性は皆、「お尻を触りたい!」、「胸の筋肉を確かめたい」など体に触れることを望んでいる女性でした。

このことからもセフレを実現するには、まずは自分自身の身体を鍛えることから始めましょう。

秘密を守る

男性だけでなく、女性もセフレがいるということを周りに知られたくない人が多いです。

あくまでも、「2人だけの秘密の関係」ということを維持したい女性が多いので、口が軽く、ベラベラ周りにしゃべってしまう男性は敬遠されがちです。

武勇伝のように周りに語ってしまう男性もいますが、そこは一線を引いて仲の良い友達ですら、しゃべらないようにしましょう。

「セフレの女性とは関係ない友達だからしゃべっても大丈夫!」、と考えている男性もいますが、LINEやSNSなどの履歴を通じて、バレてしまうことがあるので注意しましょう。

そういった意味では独身の男性より、むしろ既婚男性のほうが女性にとって都合が良いケースがあります。

既婚男性は周りに絶対に知られたくないという思いがあるため、秘密を守る意思が強いです。

優しい

一見普通のことですが、優しいのもセフレに大事な要素です。

セフレとはいえ、一緒にいることに対し、居心地が良いと感じる相手になることが重要。

セックス以外の用事でも相談に乗ってあげたり、気軽に対応してあげる意識が必要です。

また、出来るだけ「女性の意見を否定しない意識」が必要です。悩み事を女性が抱えていたとしても、それに反論するような意見を女性は求めていません。むしろ共感してもらうことが女性にとって、慰めにもなるわけです。

どんな時でも優しく、相手目線の意識を持っていれば、「あなたに会うことが楽しい」と感じてくる女性も多いです。「イケメンじゃないとセフレは作れない」という事ではなく、性格面や考え方も重要な要素なので、意識してみましょう。

セフレではなく割り切りになってしまいがちなパターン

セフレの関係を望んでいたものの、いつの間にか割り切りの関係になってしまうことがあります。

お金がないとセックスしてくれない女性も多いので、セフレの関係を築くには信頼関係と男性的魅力が必要になってきます。

本日は、セフレではなく割り切りになってしまいがちなパターンを紹介します。

最初の出会いでお金を渡してしまう

割り切りの関係性が構築されがちなのが、最初にお金を支払っってしまうこと。

例えば、どこか飲みに行ったり、ご飯を食べに行っても常に男性がお金を支払う状況だと、それが当たり前になってしまいます。

ホテル代、タクシー代も男性が支払っていたら、2回目以降、女性が支払う意欲はさらに減退してしまいます。

こういった関係になってしまうと、もはや割り勘ですら許されない状況になって、次第に女性が会うのをためらってしまう可能性があります。

女性は、「性欲を満たすよりも、むしろ金銭的欲求を満たしてくれる男性」という見方になってしまうので、いきなりいろいろなものをおごってしまうのは、よくありません。

セックスがワンパターンすぎる

セフレになるには、セックスで相手を興奮させることが必要。いつもワンパターンなセックスばかり繰り返していると、次第にマンネリ化し、女性は会いたいと思わなくなってきます。

セックスが楽しめていない女性は、

「ホテル代を支払ってくれるなら行く」
「ご飯をおごってくれるなら行く」

などのようにタダでは、相手にしないケースも出てきます。

それが更にエスカレートしていくと

「今月お金がないので、援助してくれる?」
「ちょっとお小遣いくれるなら行ってもいいかな」

などのように金銭的要求に発展するケースもあります。

次第に割り切りの関係になってしまう可能性があるので、常に貪欲にスリルのあるセックスを探求していきましょう!

男性的魅力がなくなってきている

特に中年から高齢にかけての男性にありがちな傾向。段々と一緒に行動したり、遊ぶことに疲れてきて、「性欲だけを満たしたい」と考える男性もいます。

そういった男性は女性から見て、「一緒にいて楽しい」と思えないので、もはや異性として見なくなってきています。ただ中高年以降は、「ある程度お金を持っている」と女性も知っていますから、金銭的要求に発展することがあります。

いつまでも若々しさをキープして、好奇心旺盛な行動や言動を意識していないと、男性的魅力が失われ、セフレの関係を維持するのは難しくなってくるでしょう。

肉体的衰えが現れ、ギンギンに立たなくなってくると、女性も不満足。バイアグラなど使ってでも、女性を満足させる体調を維持しておきましょう。

年中無休で彼女探ししているあなたに!非モテメールは今すぐあらためて

今回は、せっかく出会いのチャンスが訪れたなら絶対モノにしたいと思っているアナタに、女性に引かれないメールテクニックをご紹介します。

即返信は暇人認定!ほどよい間隔をあけて

メールを通して相手とつながりたいと思う気持ちは、あなたに返信を急がせようとします。だって、キーを打っている間にも相手は携帯電話の前からいなくなってしまうかも知れないから。

だからといって毎度即返信では、「この人よっぽど暇なのかしら」と思われてしまいます。その切羽詰まった感が「この人と付き合ったら束縛されそう」という評価にもつながりかねません。相手からメールが来るたび即返信ではなく、一度メールの文章をじっくり読み返してから送信するくらいの余裕を持ってやり取りをしたいですね。

絵文字いっぱいのキラキラメールはウザい!?

あなたは、普段メールをするときに絵文字を使いますか?ガンガン使う!という人は要注意。相手が女性だからといって、一様に絵文字を使うと思ったら大間違いです。20代前半の若い女性で絵文字を使わない人もいれば、40代になってもキラキラ絵文字メールをする人も。また、絵文字を使う女性でも、男性からの絵文字メールは「キモい」と思う人だっています。はじめに数回やり取りをしてみて、この女性には絵文字を使ってもよさそうか様子をみましょうね。

1つのメールに要件を盛り込まない

女性の会話は的を得ないとはよくいわれますが、メールもこうした現象に陥ることが往々にしてあります。1つのメールの中に要件を2つも3つも放り込んでしまうと、結局なにを強調して伝えたいかがぼやけるだけでなく、どの要件に対して返信をしたらいいのか、相手を戸惑わせることになります。1つのメールに盛り込む要件は1件まで。やむを得ない場合には、要件と要件の間を改行したり、行間をとるなどして、自分の伝えたいことをはっきりとさせましょう。

ダラダラ長い文章は迷惑!

携帯電話の画面がびっしりと文字で埋められているようなメール、開封した途端に読む気が失せてしまいませんか?せっかくメールを送るなら、相手に最後まで読んで欲しいですよね。伝えたいことがたくさんあるのは分かりますが、パッと見て読む気がしなくなるような長文はやめましょう。これは前項の「1つのメールに要件を盛り込まない」にも通じることですが、メールの内容はあくまで端的に。あなたは長文に心を込めたつもりでも、「なにこれ、ポエム?」と引かれるばかりで言いたいことは伝わりません。

自分のことはほどほどに

気になる女性のことをもっと知りたいと思うのは人として当然の欲求です。相手のことを知らなければどうやって口説いたらいいのか対策の立てようもありませんので、失礼のない程度に質問をするのはいいことなのです。

しかし中には、相手のことだけでなく自分のことをもっと知って欲しいという人もいますよね。自分という人間を理解してもらえば振り向いてもらえるんじゃないか。その気持ちは分かります。しかし、「俺が、俺が」は確実にウザがられます。女性は自分の話を聞いてくれる男性に心惹かれるということを覚えておいてください。

グチや悪口は絶対NG!

メールのやり取りも回数を重ねると、相手が心を開きつつあることを実感できる瞬間が訪れます。敢えて質問をしなくてもプライベートなことを話してくれたり、悩みを相談してくれるようになったら、あなたのことを信頼しはじめているといってもいいでしょう。

このように気が緩んできたときにやりがちなのが、ついメールに仕事のグチを書いたり周囲の人の悪口を言ったりしてしまうこと。テンションの低くなるような話題はメールの内容をつまらないものにし、いっきに女性の気持ちも冷めてしまいます。

ゴールの見えない会話は正直疲れる

全長距離もゴールも知らされない状態で走るマラソンは果てしない暗闇のようなもの。同じように、会話の終わりが見えないメールのやり取りは、正直とても疲れるし面倒に感じます。相手からの返信が欲しいばかりに疑問形で終わる文章ばかり送っていると、気がついたら返信が来なくなった、ということにもなりかねません。

特にメールのやり取りが深夜に及ぶ場合には要注意。

切り上げるタイミングを上手にコントロールできてこそ、女性から一目置かれる存在になれるのです。

いかがでしたか?1つのメールに要件を複数盛り込まないことや、ダラダラと長い文章はNGなど、これってなんだかビジネスメールのようだな、と思ったあなたは正解です。クライアントの心をつかむメールと女性のハートをつかむメールは同じ。だから「デキる人はモテる」のです。自分の気持ちや用事を思うままに書くのではなく、読む相手の気持ちを考えてメールを書きましょう。「この人に会ってみたい」と思わせるメールを書くことこそ、出会いのチャンスをモノにする第一歩ですよ!

【準備編】サイトで出会った女性との初デートを大成功させる準備とは?

世の中には、出会い系サイトがたくさん存在しています。

そして、その出会い系サイトを利用している男性・女性もたくさんいるのです。

だからと言って、誰でも簡単に女子をゲット出来るのか……と言うと、それはまた別の話。

出会い系サイトで出会った女性との初デートを大成功させるためには、【事前準備】が本当に大切!行き当たりばったりでデートに行くだけでは、せっかくのチャンスが飛んで行ってしまいます。

出会い系サイトで知り合った女性と、初デートを成功させたい男性は、しっかりチェックしてください。

準備1.メール・電話の内容で重要に思ったことはメモ!

出会い系サイトで知り合った女のことは、直接会う前に何度かメールや電話のやりとりをすると思います。出会い系サイトを利用している女性は、割とメールや電話の返信が小まめな場合が多いので、やり取りが膨大になることもあるでしょう。

男性にとっては「また同じ話題か」「こんなのわざわざ送る必要あるのかな?」という内容でも、女性にとっては意味のある言葉なのかもしれませんので、適当に考えてはいけないのです。

もちろんデートの時は、今までやりとりしてきた内容から話題を探していくことになるでしょう。しかしながら、間違った内容で記憶していたら最悪です!

そこで、一気に女性の信用はなくなってしまうと思われます。ですから、日々のメールや電話の内容で【ここは重要!】と感じたことは、すぐにメモする癖をつけて下さい。

例えば、どのようなことをメモすればいいの?

好きな食べ物・好きな色・生年月日・いまハマっていることなど、間違うとその場の雰囲気が気まずくなってしまいそうな項目を重点的にメモしましょう。

間違うと気まずい話題ですが、正確なワードをスラリと会話の中に流し込めばとてもスマートです!

「この人は、私の話をきちんと覚えていてくれるんだ」「私のことを真剣に考えてくれているのかも」と女性があなたに抱く印象は確実にアップしていきます。

これも全て、事前準備のたまものですがね。

準備2.プロフィール写真と少し髪型を変えてみる

相手に話しかけるきっかけを作っておいてあげるのも、男性としての気遣いです。女性は男性よりも髪型の変化に気が付く可能性が高いので、出会い系サイトのプロフィール写真と少し髪型を変えてみましょう。女性目線で考えれば【髪型を短期間で変える=オシャレ男子】の印象もつくので、この作戦は効果が期待できます。初デート前の準備として、髪形もきちんと押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

初デート前に緊張している暇はありません!デート成功のためにコツコツと準備を重ねることが、確実に成功させるポイントとなっています。

成功させて意中の女性をゲットしたいのなら、準備にかかる時間と手間は惜しむべからず!このキーワードを絶対に忘れないようにしてくださいね。

「いいひと」はなぜモテないのか

「いいひと」はモテません。もちろんセフレもつくれません。

なぜでしょうか?

それは、「いいひと」というのは、ただたんに「チャレンジしない人」だからです。

キスしたりペッティングしたりセックスしたりしようとしない愚鈍な人を「いいひと」と呼んでいるだけなのです。

女性はこちらがちいさなチャレンジをしたことを評価してくれます。

デートに誘ったら断られたとしても、そのチャレンジを評価します。

手をつないできてくれた。キスしようとしてくれた。

そういうチャレンジをしない人を「いいひと」と言って蔑んでいるわけです。

もちろん、なかには「いいひと」だから付き合ってくれる女性もいるでしょう。しかし、そんなものは、「結果的に女性と付き合えたいいひと」だけが、可視化されているだけです。

実際には、セックスどころか、キスだってぜんぜんできていない「いいひと」がこの世にはあふれているのです。

いい人になってはいけない

だから、あなたはぜったいに「いいひと」になってはいけません。

かならず女性と性的関係を結ぶためにチャレンジを繰り返してください。

それで、もしも、その女性に嫌われたらどうするかって?

そうしたら、どんどん次の女性にチャレンジすればいいんです。

出会い系サイトでどんどんあたらしい女を開拓していけばいいんです。

もしも「いいひと」を演じていたらセックスできたのかもしれないなんていう幻想に惑わされるのはやめてください。

実際に女性と会った時、自分のことばかり話すのはやめましょう

実際に女性と会った時と同様、自分のことばかり話すのはやめましょう。

女性が欲しているのは、話を聞いてくれる男性です。あるいは、一緒に会話を盛り上がれる男性なのです。

だから、できるだけ、聞き役に徹するのです。

これは、メールでも同様。相手に質問をし、興味のあることを聞き出し、そして、その話題で盛り上がるようにしましょう。

はっきりいって、多くの女性は、いや、多くの人間は、他人など興味がありません。あなたは他人に興味がありますか?ありませんね。

だれだって、興味があるのは、自分なんです。だから、他人も自分に興味があるだろうと勘違いしがちです。

あなたのことなど、だれも興味はありません。

興味があるのは、自分に興味をもってくれる人なんです。

プロフィールから女性が興味を持っていることを知る

出会い系サイトの場合は、プロフィールや掲示板で、女性が何に興味をもっているか、知ることができますね。そうしたら、そのことに必ず触れるようにしてください。

そうすると、女性は、「この人はわたしに興味がある」と思ってくれるのです

そして、それが共感につながり、好感につながります。

そして、ここまできても、まだ気を緩めてはいけません。さらにさらに相手の興味があることを、徹底的に聞いていくのです。

その際に、常に、共感する・褒める・気遣うということを忘れないでください。

面倒ですか?

でも、そうやって、一度、セックスフレンドを作ってしまえば、何度でも何度でも、無料でセックスができるんですよ?

それでも、あなたは、女性とのメールを面倒だ、の一言で拒否してしまいますか?

セフレづくりの絶対ルール

自分の事を話して相手の事を聞く!

セフレづくりにかぎらず、人間関係を円滑にするために当たり前のルールですよね。女性にに質問する時は、まず自分が相手にした質問にたいして答えて下さい。

例えば「○○さんはドライブが好きと書いていましたがどんな所に行くのが好きですか?」と書くより「○○さんはドライブが好きと書いていましたがどんな所に行くのが好きですか?ボクは国道○○を走るのが大好きです!○○を見ながら田舎道を走ってると日頃の疲れが吹っ飛びます」

こんな感じで相手への質問と自分の事も書いた方がいいんです。質問ばかりしてるいるのも嫌われますので注意してください!

実際に会う時の第一印象の大切さ

出会い系サイトでメールを交換し、がんばってヤリトリを続け、さあ実際に女性と会うことになりました。

そのとき、第一印象がとにかく大切です。

第一印象で全てが決まるといっても過言ではない。逆に言うと、最初だけ気をつけたら、そのあとは本当にうまくいくのが簡単です。

なぜ第一印象が大切なのか

人間行動学的にいうと、人間は、自分の考えを正しいと思い、それに執着する生き物です。何を感じたか、どう感じたか、どう考えたか等、自分の感覚をとても大事にします。

その感覚が間違かもしれない?と思っても、すぐにその事を認めようとしません。認めたくないのです。

だから1番初めに抱いた感覚と、2番目に抱いた感覚が違うと気づいたとしても、自分の中で気づかないふりする傾向があるのです。

シンプルに言えば、 第一印象で「素敵な人だな~」と一度思うと、その感覚を大事にします。

友達や誰かに何を言われようと、(そんなはずはない!自分が正しいんだ)と、自分の第一印象を正当化するのです。そして、保とうとするのです。

第一印象で相手に植えついた感覚がより良い印象であればあるほど、次へ発展しやすいという事なのです。

逆に、相手が受け取った印象がマイナスであれば、本当の私はもっと違う!なんて叫んでも手遅れ、せっかくの貴重な出会が台無しです。 もちろん挽回は出来る事もありますが、完全なる遠回りとなります。

第一印象を良くするために必要なこと

第一印象を良くするために必要なのはまずは清潔感!

女性から嫌われるのは、不潔な男とわがままな男。特別にお洒落をしていなくてもシンプルでセンスのいいシャツと質のいいジーンズを身に着けたのでいいから、きちんとヘアサロンに行ってカットをし爪を切り、出かける前にはシャワーを浴びて清潔に身支度をすることが大切なんですね。

「僕は僕が」と自分の話ばかり得意になってするのも、初対面の女性から嫌がられるそうです。女性はもともと話をするのが好きなので、よき聞き役になって相手のことをまずよく知ろうとすることこれが好意を持ってもらえる大切な秘訣だと言えます。「能ある鷹は爪を隠す」と言いますが鼻高々に自慢話をするのも禁物で、初対面の女性から顰蹙を買うことが多いので気をつけたいものです。

セカンドメールで注意すること

セカンドメールがもらえる女性ってけっこう多いんですが、ぜんぜん気がなくても女性はメールを送ったりすることがあるので注意が必要です。

最初の返事で、無難なことを書いてきた女性は、ちょっと注意が必要です。

あなたのメールの内容に、興味はない感じがします。

もし、あなたのメールを見て興味などがあったら、その部分をメールの返事に、書いてくると思いませんか?

ですから「よろしくお願いします。」程度の返事は、ただのメールをくれた大勢の中の1人にすぎません。

あなたの趣味など、記載事項に興味がある内容なら、これからメールのやり取りを続けるリストの有力候補に入ったと言うことでしょう!

労力を無駄にしないように、できるだけ、モノになりそうな女性を見分けるようにしましょう。

セフレがデキる男とデキない男の最大の違いは「出会えるサイトを利用していること」

セフレがデキる男とデキない男の最大の違いは「出会えるサイトを利用していること」です。悪徳サイトに騙されてはいけません。

ニュースなどで出会い系サイトがきっかけで起こった事件が報道されていたり、ワンクリック詐欺や利用していない料金まで不正請求されたケースなどといったネガティブな話題を目にすることがあるかと思います。

そういった情報を見ていると、出会い系って危なくて怖いところなんじゃ?という漠然としたイメージをもつかたも多いと思われます。それは正しくもあり、間違いでもあります。

たしかに一部の悪質なサイトに登録してしまうと、スパムメールが届くようになったり、見に覚えのない請求が送られてきたりなど、不快な思いをする可能性は大いにあります。しかし、そういったサイトは本当に一部なんです。

現実世界においても、いわゆるぼったくりバーと呼ばれるような悪質なバーがありますよね。だからといって真面目にやっている老舗のバーまで悪く言うのはお門違いというものです。それは出会い系においても同じことが言えるでしょう。

出会い系においても定番で老舗のサイトというものは存在します。利用者がいなければ継続することが出来ないのですから、長くやっている出会い系というのはそれだけで信頼の証とも言えます。

このサイトで紹介しているサイトはそういったサイトばかりですので、ご安心ください。

ところで、悪質なサイトってどんなサイトでしょう?

まずあげられるのはやはりサクラの存在でしょう。

サクラとは運営会社が雇った人物が一般女性になりすまし、あたかも会う気があるようなメールを送りつづけて男性側に無駄なポイントを消費させるために存在します。

出会い系の多くは男性が有料で、女性が無料です。なのでいかに男性にメールを送らせるか、というのが運営会社の利益につながるわけですね。

優良な出会い系サイトであれば、わざわざサクラを雇うまでもなく一般男性と一般女性がやりとりをしてくれるのでその必要がありません。ですが悪質なサイトでは…サクラを雇い、過激なメールを送って男性を煽り、男性側のポイントを搾り取っていきます。

そのサクラの見分け方としては「おいしすぎる話」をしてくる人には注意をしよう、ということです。例えばエッチだけ出来る人を探しているからすぐ会いたい、など。

正直な話、エッチだけしたいのであればそれなりの女性ならすぐですし、わざわざメールでやりとりというまどろっこしいことをする必要はありません。

そして最近多いのが「税金対策のため大金を受け取ってくれる人を探している」といったような触れ込みで、お金で釣ってくるパターンです。宝くじにあたっただの、表に出せないお金があるだの、その理由は様々ですが、大金をチラつかせてメールを続けさせようとする部分は同じです。

シラフの状況で話を聞けば、そんな馬鹿な話に騙されるわけがないと思うかもしれませんが…相手もサクラのプロなのです。実に巧妙な手口と雰囲気作りで、ころっとやられてしまうものですよ。

また、ワンクリック詐欺にも注意してください。

出会い系が流行して悪質な会社がたくさん増殖しました。

一番多かった詐欺がワンクリック詐欺による悪徳なセフレ出会いサイトです。

それは登録完了ボタンを押したら、『ご登録有難う御座います』と大きく表示され、その下に料金が発生したことを表示し、請求するといった典型的な悪徳詐欺の手法です。

日時と貴方のパソコン情報、パソコン機種、プロバイダー、が記載され○○迄に振込みを完了して下さいと、脅迫じみたものです。

しかも振込みがない場合は連絡しますと追記してありますので、恐怖感を煽ります。

まず個人情報保護法がある近年、パソコン機種やプロバイダーが分かったぐらいで連絡先が分かるわけがありませんので、完全無視でもOKです。

実は、私も経験があり、その時は本当にビビって警察に電話までしましたが、何の音沙汰もなかったです。

対処法としては、利用規約をよく読みましょう。規約がないサイトは悪徳なセフレ出会いサイトです。

規約があった場合でも、料金が発生するサイトは必ず注意書き・確認ページを設置する義務が法律であります。設置がされていない場合は法律違反なので、一切払う必要がないという事を忘れないで下さいね。