セフレを作るもっとも効果的な方法は、セフレを作ろうとしないことです。

セフレを作るもっとも効果的な方法は、セフレを作ろうとしないことです。

「セフレになりましょう」といってセフレになってくれる女性なんていないんです。

出会い系サイトで会った女性とは、そのとき恋愛しているように振る舞ってください。世界で一番愛している女性だと思って行動してください。他の女性のことなんて頭にないと思って行動してください。

女性だって、わかっているんです。もしもセックスをしたら単なるセフレになるということは。だけど、「セフレのように扱われること」には大きな抵抗があるんです。大多数の女性のうちの1人であることは許せないのです。

これは遺伝子レベルの問題です。女性は、出産・子育てをしなければなりません。だから、自分と自分の子供だけを愛してくれるような男性に惹かれるようにできているんです。

あくまでも疑似恋愛を楽しんでください。女性と正面から向き合ってください。

それでなにかトラブルが起きたらどうするかって?

そんなの、個人情報を教えないでセックスしていればいいんです。ヤバそうだったらバックレてください。

ただ、セックスをしたければ「君が一番だよ」ときちんと言ってあげることが重要なのです。

ストリートナンパ(ストナン)よりも圧倒的に出会い系がオススメな理由

街でのナンパ、いわゆるストリートナンパ(ストナン)って勇気がいりますね。わたしは絶対にできません。

いっぽうで、出会い系サイトだったら、私のような臆病者でもいくらでもメールすることができます。画面の向こう側にいる女性なんて、人間だと思っていません。たんなる文字列だと思っています。

だから、メールでどんなことを言われてもぜんぜん気になりません。その女と二度とメールをすることはないだろうし、その様子を見ている人もだれもいないんだから。

ここが、出会い系サイトの最大のメリットなんですよね。

ストナンは、ひどいことを言われたらどうしようとか、みっともないところを他人に見られるのはいやだなあと思うから、なかなか手が出せない。一方で、出会い系サイトだったら、ただ機械的にメールを送り続けてさえいれば、いつかはぜったいに出会いを成功させることができます。

そりゃあ、たしかにストナンのほうが確率は高いんだろうけど、1日中声をかけまくっても成功しない日だってあるわけじゃないですか。出会い系サイトだったら、1日中メールを送り続けたら、いったいどれだけのメールを送れるでしょうか。

しかも、定型文を作っておいて、そこにちょっと文章を付け足したものを送れば十分なんです。

はっきりいって、ストナンよりも出会い系のほうがずっとコスパがいいんですよ。

出かける準備をして移動して街に立って声をかけ続けるなんてやってられない。

テレビでも見ながらささっとメールを送っていればいいんですから。

私の場合は、1日30分程度の作業で、毎月新規とセックスをしています。そのうち、とくべついい女は、定期的にセックスをしています。正直いって、定期がたまってきてしまったので、新規を探すメールがおっくうになっている始末です。

はっきりいって、私のルックスレベルでは、ストナンで同じくらいの成果をあげるためには、完全に土日をつぶして朝から晩まで声をかけまくっても無理でしょう。だって声をかけられる女の数は、結局たいしたことにはなりませんから。

でも、出会い系サイトなら膨大な女にメールを送ることができます。そのうち、数パーセントでも自分に興味を持ってくれる人がいればいいんです。そして、そういう女はぜったいにいるんです。

そういう意味では、多少のエッヂが効いたメールを書いた方がいいのかもしれません。メールの内容に関してはまた次の機会に論じていきたいと思います。

出会い系サイトで美人の熟女を狙う理由【顧客セグメンテーション】

下の図は日本の人口ピラミッドです。

2015

第一次ベビーブームのときに生まれた団塊世代は68~70歳、団塊ジュニア世代が43~46歳となります。日本の人口では、この2つの世代が突出して多いのです。具体的には、その前後の世代に比べて1学年あたり20~40%ほど人口が多くなっています。

この差は、マーティング上、非常に大きな差になります。

例えば出会い系サイトの掲示板に書きこむときに、熟女を狙うことによって、対象を40パーセントちかく広げることが可能であるということなのです。

セフレマーケティング戦略においては、

  • Where(誰に向けて)
  • What(何を)
  • How(どうやって)

売るかが重要になるのです。

そして、この中でももっとも重要なのが Where(誰に向けて) なのです。

どの顧客層にむけてサービスを展開するかで、戦略のほとんどは決まってしまいます。

そして、マーケティングの世界では、顧客セグメンテーションにおいて、団塊と団塊ジュニア層をターゲットにするのは王道のテクニックなのです。

40代の熟女なんてイヤだというアナタ

「そうはいっても団塊ジュニアの40代の熟女はちょっと……」なんて思っていませんか?

はっきりいってわたしも40代を恋人にするのは絶対にイヤです。もちろん結婚だってぜったいにしたくありません。

しかしセフレとなれば話は別です。

世の中には、実に魅力的な40代熟女がたくさんいるのです。

例を挙げましょう。

  • 永作博美 44歳
  • 酒井法子 44歳
  • YUKI(JUDY AND MARY) 43歳
  • 常盤貴子 43歳
  • 高岡早紀 42歳
  • 深津絵里 42歳
  • 篠原涼子 42歳
  • 石田ゆり子 45歳
  • 檀れい 43歳
  • 森高千里 45歳

いかがでしょうか。

はっきりいってコチラが土下座をしてでもセックスをしたいような芸能人ばかりです。

「でもそんなのテレビに出ている芸能人だけの話でしょう?」

たしかに、ここまでのレベルの女性にはなかなか出会えません。しかし、びっくりするような美人の40代熟女は、今の時代はほんとうに多くなっているのです。

美人人妻が出会い系サイトに多い理由

しかも、40代の人妻たちは、実際の生活でセックスの相手を見つけることができません。彼女たちは、私生活で気に入った男性を見つけたとしても、ぜったいにセックスはしないのです。なぜならそれが実生活に悪影響を及ぼす可能性があるから。離婚の可能性を負ってまで不倫はしたくないから。

だからこそ、彼女たちは自分たちが美人でありいくらでも需要があったとしても、出会い系サイトでセックスの相手を探すのです。他に方法がないのです。

これが、たとえば、美人の女子大生であったならば、大学のサークルで同級生の男の子とセックスをしていればすむはずなんです。わざわざ出会い系を利用したりはしないのです。

これが、出会い系サイトに美人の人妻は多けど、美人の若い女の子は少ないことのカラクリなのです。

であれば、わたしたちは40代の美人の女性をターゲットにして、着々とセフレマーケティングを繰り返していけば良いのです。ブサイクは放流すればよろしい。

とにかく美人をセフレにする確率を高めることをこそ考えるべきなのです。

 

 

 

SR理論を応用して彼女からメールや電話をもらう方法

出会い系サイトで彼女ができたのに全然メールが帰ってこない。気になって仕方がない。電話をしても出ないことがあるし、今何をしているのか気になってしまう。

そして電話がくると「どうして電話に出ないの?」と怒ってしまう。

そんなタイプの男性はいませんか?

恋愛になると、その人しか見えなくなってしまうという恋愛体質の男性は意外と多いもの。

こういう場合に、彼女から連絡をもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

SR理論

行動心理学の考え方にSR理論というものがあります。

SはStimulus(刺激)、RはResponse(反応)のことです。

人間は、Aの刺激を与えたらそれにBの反応が帰ってくるという考え方です。

それならば、Bの反応を得るためにAの刺激を変えてしまえばいいのです。

SR理論を応用する

メールや電話が来ない理由は簡単です。

彼女たちからしてみたら、何もしなくてもメールや電話が来るのだから、自分から行動を起こしてメールや電話をしようとはしないのです。ただただほうっておくだけで、メールや電話が来て、関係性が保たれるのだから、わざわざ自分が行動をする必要はありません。

だったら、その発想を逆手にとるのです。

まずメールや電話を我慢するんです。そうすれば、きっと彼女の方から連絡がくるはずです。

そして、最大のポイントは、連絡が来たら喜ぶこと

いままではこのタイミングで怒っていましたね?

たまに連絡をして怒られるのなら、連絡をしてくる人などいないのです。

連絡が来た時にきちんと喜ぶこと。これが相手から連絡をもらえる秘訣なのです。

ビジネスのストレスをセフレで発散する

 

ビジネスで成功したとしても、大金を手に入れたとしても、実は人間はさほど幸福にはなりません。

心理学の世界では、ストレスを測る指標を地震になぞらえてストレスマグニチュードと呼んでいます。このランキングにおいては、もっとも大きなストレスは配偶者や恋人の死です。

stress_ranking

ストレスマグニチュードとは | issue+design 社会の課題に、市民の創造力を。

そしてなんと、「昇進・出世」は、「夫婦喧嘩」と同程度にストレスがかかる出来事なのです。

人間は、昇進をした瞬間から、それを手放してしまう不安に襲われます。

恋愛でも同様。恋愛がうまく行っても、その彼女が離れてしまうのではないかという不安が広がり始めるのです。そして嫉妬を繰り返してストレスを貯めてしまうなんていう経験がみなさんにもあるのでは?

ペルソナを作る

こういったストレスを解消するには、今の自分ではない自分を作り出すことです。つまり、自分の中にいろいろな自分を作るのです。これを「ペルソナ」といいます。

たとえば、普段は大会社の重役なのに、休日は肩書なんてなんの関係もない趣味のサークルの一員になるとか、家では子育てパパになってデレデレするとか。

そして、いちばんのオススメは出会い系サイトを利用して、セックスフレンドを作りまくることです。セフレマーケティングを利用して、いろんな自分を作り上げて、いろんなセフレを作るのです。そのときに、普段の自分とは完全に違っている自分をつくり上げることが、日常生活で受けたストレスを開放する手助けになるのです。

こうすれば、仕事のストレスを上手に開放できるし、仕事で失敗をしても「違う自分」の存在がある限り、プレッシャーがかかることもありません。

今の自分と違う自分を持つことは、現代社会を強く生き抜くために必要なことなのです。

そのためにセフレをうまく利用しましょう。そしてビジネスでの成功も同時に手に入れましょう。

悪徳出会いサイトに注意

現在出会い系サイトは千を超えると言われています。もちろん優良なサイトもあれば悪質なサイト、内容も何もないスカスカのサイトもあります。

もちろん優良サイトを利用するに越したことはないですが、やはり悪質なサイトの餌食になってしまう利用者も未だに後を絶ちません。甘い言葉で欲望を刺激するような言葉で誘い込んでくるのでついついということがあるようです。そこで悪質なサイトに騙されないようにいくつかの注意点を述べていきます。

迷惑メールからの誘導

いろんなサイトに登録する際にメールアドレスをなんとなく記入していますが、それらのメールアドレスがどこからどう漏れるのかはわかりませんが、迷惑メールというのが届くなんてことがごく当たり前になってきました。特に出会い系サイトなんかを利用していれば出会いに関するサイトの広告メールが頻繁に送られてきます。

メールの内容としてはURLが記載されており、女性を装ったキャラでエッチな誘い文句が書いてあったり、単に誘導させたいサイトの宣伝文句が書いてあったりといったものです。基本的にそのようなメールを送りつけてサイトに誘導するようなサイトはいいサイトとは言えません。悪質かどうかは別として優良サイトではないことは確かです。過去にクリックしただけで課金が発生してしまうなんてサイトもありました。無視、あるいは即ゴミ箱行きですね。

業者やサクラ

アダルトSNSの場合ほとんどが無料なのでサクラという存在はいないでしょうが、業者はたくさんいます。ただし、どちらかというと人気サイトに多いのが残念です。業者が多ければ多いほど人気のあるサイトというわけです。こればかりは流石に仕方がない状態です。運営側も対策はしているところもあるようですが、イタチごっこといった感じでしょう。

無料登録の罠

「登録無料!」とデカデカと掲げているサイトには要注意。どういうことかというと登録無料の登録という言葉に注目してみましょう。これは登録は無料です。しかし、サイト内の機能を利用するには料金が発生しますということです。ただこの場合はまだ良心的な方です。問題は同時登録サイトです。

同時登録とはある無料サイトに登録したと同時に他の有料サイトにも自動で登録されてしまうという仕組みです。要は登録したサイトは無料でそれに偽りはなく、さらに利用規約に他の有料サイトへ同時登録されてしまうという記載がされているのです。利用規約なんてめんどくさくて読まない、あるいは軽く流す程度にしか見ないでしょう。そのスキをついた悪質なやり方のサイトは非常に多いのです。登録の際は利用規約をしっかり読むようにしておきましょう。

出会いアプリでデートに誘う

デートの誘い方をご紹介!これでうまく会える…かも!?

「ストレス溜まらない?」

例えば貴方「仕事何してるの?」相手「OL」貴方「ストレス溜まらない?」相手「溜まる」
⇒「じゃぁストレス発散に遊びに行こうよ!!」

ほとんどの仕事はストレスが溜まるものです…。

そんな時に一緒に遊びに行く理由をつけてあげれば、女性も誘いを受けやすくなります。

「どの辺住んでるの?」

1.貴方「どの辺に住んでるの?」相手「(マイナーな駅)」
この場合には、「知らない町とか歩くの好きなんだ!今度案内してよ!」
が有効です。

2.貴方「どの辺に住んでるの?」相手「(有名な駅)」
この場合は自分も言った事のある場所や知っている場所などを言って 盛り上がりましょう。盛り上がった所で「今度一緒に言ってみようよ!」と誘います。

しかし、住んでいる場所を聞かれるのを嫌がる女性も多いです。
これを聞くのは本当に仲がよくなってからにしないと返信がこなくなってしまった…
という場合もありえますので注意してください。

出会い系サイトにおける開放性の法則(解放性の法則)

なんだか好きになれないと思っていた人だったのに、プライベートなことを話されているうちに親近感が湧いてきた。

そんな経験をしたことはありませんか?

人は、他人のプライベートな側面にふれたときに、親近感を感じるのです。

たとえば、ちょっと怖い上司が、プライベートで奥さんに怒られていることを話したら、その上司に親近感が湧いたり好意を持ったりしますよね。

これとまったく同じことが恋愛でも起こりうるのです。

これを開放性の法則(解放性の法則)といいます。

この開放性の法則をぜひ出会い系サイトでも活用しましょう。

  • メールの中にプライベートな面や悩み事をおりまぜてみる
  • 会った時の会話でプライベートなことを小出しにしてみる

そんな風にして女性の好意を獲得するのです。

また、デートのときに、なんらかの失敗談を語るのも効果的です。

失敗談をこちらが語ると、返報性の原理によって、女性も失敗談を語らなければならないという気持ちが働きます。そして、お互いが失敗談を語ると、開放性の法則がお互いに作用して二人の距離がぐっと縮まるというわけです。

逆に、成功談を語るのはやめてください。男性の自慢ほど女性をウンザリさせる話はありませんし、自慢では開放性の法則は働きません。たとえ、誰にも言えない秘密の成功談だとしても、女性に話すのはやめましょう。

また、開放性の法則をアテにして、内面ばかり話すとか、失敗談ばかり話すというのはやめておいたほうがいいでしょう。そういう男は単なるバカに見えます。あくまでも適度に話すようにしてください。

生物学的観点からの出会い系サイトのセフレ探し

あなたが人と出会いたい気持ちになったのはなぜですか?

それは、生物学的にいうと「子孫を残したいから」です。そして、子孫を残したい本能は誰にでもあります。男性でも女性でも関係ありません。

むしろ女性の方がわかりやすくムラムラしていると思います。発情している女性は見た目にもわかりやすくソワソワしているものです。そんな女性と出逢えたら最高ですね。

でもそんな女性が普段生活で近くにいない、そんな時こそ出会い系を使いましょう。そういうところに登録する人は本気で出会いを、子孫繁栄を求めています。我々が求めているのは子孫繁栄の手段としての性交渉だとしてもかまいません。相手だって、同じなのです。お互いが欲しているのです。

生き物と生き物であるがゆえの出会い系サイト

お互いが性交渉に臨む気マンマン。それが本能です。でもその殻を破るためには、一枚一枚「世間の常識」を破っていかないといけません。

なぜなら人は誰でも羞恥心や世間体、見栄など、およそ自分の考えとは別の物差しで自分を計り、それを基準にして行動を決めるということをしがちだからです。なぜなら、それが安住の方法だからです。文句を言われないためにそう行動している、というだけに過ぎないのです。

よくよく考えてみてください。注意されなかったらいろいろなことをできると思います。それができないのは、私たちに自制心があるからです。幼稚園児などは平気で全裸になります。でもそれを大人がやったらアウト。逮捕です。

なぜそれをやらないか、というのには「相手に咎められる、なにがしかのペナルティ」がある、そのことに尽きるのです。逆に、自分が普段おさえている衝動を、ガマンせずにいても大丈夫な相手とだったら、ガマンの必要、無いですよね?

それを探すのが出会い系なのです。なぜなら、相手も同意の上だからです。

出会い系はある意味本能の交渉

出会い系では、もう名目が「出会い」と銘打っている時点で、ゲスに直訳すれば「性交渉推奨」とも言えます。

なぜなら、出会い系でおしゃべりできる友達を作りたい、一生の親友を見つけたい、共通の趣味の友達をつくりたい、なんていうのは私から言わせればすべてウソだからです。そんなきれいごとで世の中が回るわけがありません。

むしろそういう人がいたらあなたにとっては時間の無駄です。相手にしない方がいい。それよりも自分の本心を言ってくれるような若い純粋な柔らかい肌の女の子と積極的に出逢った方が効率が良いです。

最初はあなたも、あまりあからさまにエッチを求めてくると困るなぁ。と思うかもしれませんが、その障壁を取っ払い、自分の本能のままに動くことができたなら、あなたは立派な性欲マシーンになれます。

そのためのツールとして、出会い系は最高のエッセンスとなるのです。

セフレマーケティングとはセフレを作る仕組みを作ることです

みなさんの生きがいはなんですか?

仕事に燃えることでしょうか?

それってかっこつけていませんか?

わたしの生きがいは、すこしでも多くの女とセックスをすることです。より綺麗な女とセックスをすることです。

年収1000万で女とセックスできない人生よりも、年収500万で素人の女とセックスしまくれる人生を選びます。

あなたの本音はどこにありますか?

もしも、仕事で成功することがあなたの生きがいであり自己実現であるならば、出会い系サイトでなんてやっている場合じゃありません。ビジネス書を読み、セミナーに出かけ、ビジネスノウハウを身につけて、毎日残業をして、ワークライフバランスなどと言っている同僚をあざ笑いながら、一生懸命に出世をめざせばいいでしょう。

でも、わたしと同じように、すこしでも多くの女とセックスをしたいと考えているのであれば、ぜひこのブログに書かれているテクニックを駆使して、実践し、1人でも多くの女とセックスをする日々を早く手に入れてください。

マーケティングとは売れる仕組みを作ることです。

セフレマーケティングとはセフレを作る仕組みを作ることです。

みなさまは、当ブログで公開されているセフレマーケティングテクニックをフルに活用して、セフレを次々と作成・製造できる人生を謳歌してください。

仕事なんて二の次なんです。

もっとも、仕事をして給料が増えれば、女性に使えるお金も増えるからセックスできる回数が増えるかもしれません。

重要なのは、「優先順位」はどこにあるのかということです。

あなたは、どんな人生を生きたいのですか?