出会い系サイトはいくら出せば良い?

出会い系サイトを利用する時に1ヶ月あたり、皆さんいくらぐらい支払っていますか?

2000円という人もいれば、5000円という人もいるでしょう。

都度払いと月額制でかかる費用も変わってきます。

大体いくらぐらい支払えば、出会えるのか検証していきましょう!

都度払いの特徴

出会い系サイトでよくある支払方法が都度払い。「プロフィールを見たらいくら」、「メールを送信したらいくら」、「連絡先を交換したらいくら」というようなスタイルがありますね。

女性はほとんどの項目が無料で、男性が有料になるケースが多いです。都度払いで注意したいのは無料で使用できる回数が少ないということ!

例えば、メールを3回まで送信するのは無料で4回以上になると、お金が発生するという出会い系サイトもよくあります。

はっきり言って、その無料回数内で出会いに結びつけるのはかなり困難。こういった都度払い制は悪質な出会い系サイトの割合が多いです。

サクラが多く存在し、引っ張るだけ引っ張ってお金を課金させるというもの。出会い系サイトという概念を抜きに考えて、5、6回もやり取りをすればそろそろ連絡先を教えても良いかなと普通はなるでしょう。

それでも永遠にサイト内でのみ連絡を要求してくる女性はサクラの可能性大です。

定額制の特徴

定額制は1ヶ月あたり何回やりとりをしても、3000円などと決まっているサイトです。安心感を求めるにはこちらの方がおすすめ!

ラブサーチ、ユーブライト、エキサイト恋愛結婚など世間的に信頼度の高い出会い系サイトはほとんどが月額制。中には年齢確認や24時間専門のスタッフが監視してくれているサイトもあるので、都度払い制より明らかに安心感が違います。

都度払い制は月額2000円から4000円程度が相場。中にはヤフーパートナーのように1500円から始められるものもありますが、利用できる項目が限定されてしまうため、とことんやり尽くしたいという人は制限のないプランを選択するのがお勧めです。

出会い系サイトは、いくら支払えばよい?

人によって人気があったり、あまり反応がないというケースもあるので、一概には言えませんが、月額5000円以上支払うのは避けたいところ。

月に5000円払えば必ず出会えるというものではありませんからね。会員数は急激に増えるわけではないので、数ヶ月続けるとメッセージを送る相手も限定されがち……。
そういった意味では入会して最初の数ヶ月が勝負でしょう。

都度払いの方がうまく行けば低コストで出会えると考える人もいますが、現実的にはすぐに連絡先を教えてくれる女性は稀なケースなので、月額制で1ヶ月はしっかりと腰を据えて利用した方がうまくいく可能性が高いです。

高い支払いを避けるには

同じ3000円でも全く出会えない人、逆に2、3人と出会える人もいます。その違いは、出会い系サイト選び!

会員数が多いサイト、男女の比率で女性が多いサイトなどを選択しないと同じ料金の使っても出会えない可能性があります。

また自分の住んでいる地域に会員がどれぐらいいるかもチェックしましょう! 噂や口コミだけでなく会員属性をチェックしておかないと、理想的な出会いが実現しなくなってしまいます。

そして一つのサイトに固執しないで、2、3程度、サイトに登録して比較してみるのも良いでしょう。あまり、のめり込まずに1ヶ月に使う料金は自分の中で上限を決めておきましょう。

以上出合い系サイトで支払う金額について検証しました。安いサイトだと月額2000円程度で利用できますので婚活パーティや結婚相談所を利用するより明らかに格安です。1ヶ月単位で契約する形ならすぐに退会する事も可能なので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

手の動き(ハンドランゲージ)から出会いを攻略する

lgi01a201312141600手の動きをハンドランゲージといいます。ハンドランゲージとは日本語で「手の言語」と訳せますね。

手の動きは女性の本音を表しています。女性の手に集中していると、彼女の気持ちが手に取るようにわかるようになっていきます。

彼女の心があなたにたいして肯定的なのか否定的なのか、手の動きをヒントに探ってみてください。

たとえば、あなたと彼女のあいだになんらかの障害物があったとします。たとえばレストランの調味料など。話を聞いているときにそれを目の前から取り除いたら、あなたの話をもっと聞きたいという好意的なサインです。

その調味料をどかすでもなくただ触ったとしたら彼女はあなたに退屈しています。

何か違う話をしたほうがいいかもしれませんし、場所を変えたほうがいいかもしれませんし、今日のところは切り上げたほうがいいかもしれません。

本日は、女性の好意を見分けるハンドランゲージをまとめてみました。

女性の好意を見分けるハンドランゲージ

好意を表すハンドランゲージ

顎を触る

顎を触るのは肯定のサインです。

あなたに近い方の腕をしたにして腕を組む

これも肯定のサイン。逆に組んでいたら否定のサインです。足を組むのもどうようです。あなたに近い方の足を上にして組んだら否定のサインです。

頬杖をつく

頬杖をつくのは「誰かを頼りたい」という心理を表しています。相手に話を振って、愚痴などを聞いてあげると親密になれます。

髪の毛を触る・束ねる

髪の毛を触ったり束ねたりしているのは、男性に対して甘えたい心理です。退屈しているわけではありません。この動作を始めたら落とせる可能性がかなり高いと考えていいでしょう。

否定を表すハンドランゲージ

鼻の下を触る

これはテレビなどで女優がしているのをよく見る仕草ですね。これは居心地が悪かったり不愉快だったりしているサインです。普段は女優業をしているのにバラエティなどに出演すると緊張して居心地がわるくてこのハンドランゲージを繰り返してしまうのでしょう。バラエティに出演することになれると、この動作をしなくなっていきます。

低い位置で腕を組む

低い位置で腕を組むのは精神的にバリアを張っています。あなたを警戒しています。体の前に防御壁を作っています。

ぎゃくに高い位置で腕を組むのは自分のほうが立場が上であることを主張しています。

 

指を額に当てる

これは一見あなたの話をきちんと聞いているようにみえますが、実際は、あなたの話に賛成できないというサインです。否定のための言葉を考えています。

額に手を当てる

額に手を当てるのは、人がウソをつくときにやりがちなしぐさです。テレビでこの動作をしているタレントを見るとくすっとしてしまいます。

拳をにぎる

緊張していたり、相手にたいして否定的な感情があるときは拳を握る傾向があります。

その話題は変更したほうが良いかもしれません。

いかがだったでしょうか。次に女性と会うときはどんなハンドランゲージが読み取れるか注目してください。

いつも注目していると、こんかい紹介した以外のハンドランゲージも見つけることができるはずです。また、これらのハンドランゲージを読み取る能力は仕事などに応用することもできます。営業の方などは、きっとビジネスにも役立てることができるでしょう。

出会い系にたくさんいる爬虫類女子を捕獲せよ!

少子化傾向にある日本で、唯一と言ってもいいほど右肩上がりなのがペット産業です。犬や猫、鳥、ウサギ、ハムスターなどはメジャーですが、爬虫類、両生類、昆虫などまでが飼育の対象となっています。

「爬虫類を飼うのは男だけ」と思っていませんか? ノンノンノン♪もはやそんな時代じゃございません。

「お・も・て・な・し」の一言で次期オリンピックの東京開催を決定させた才女、滝川クリステル。彼女だって、立派な爬虫類女子です。

飼育している亀の寿命は30年を越えているのだとか。実は今、爬虫類の飼育が女子の間で密かなブームを巻き起こしつつあります。

特に彼氏のいない女性は、ペットを飼うことで心を癒そうとする傾向にあります。つまり出会い系には爬虫類女子が、わんさか溢れているというわけです。

出会い系にいる爬虫類女子の特徴

爬虫類女子は、亀とかトカゲとかイグアナの写真をアイコンにしていることが多いです。あとはプロフィール欄の趣味を記入する箇所に「爬虫類鑑賞」「爬虫類飼育」と書いているケースもあります。

こういう人たちを見つけたら、すぐさまロックオンしましょう。積極的にアプローチをしかけてメールアドレスを聞き出します。全員が全員良い反応を返してくれるとは限りませんが、それでも根気強く声をかけ続ければ、必ずつながりを持つことができます。

軽い挨拶が済んだら「ところであなた爬虫類好きなの?」と、それとなく触れてあげてください。相手は携帯やスマホやパソコンの前で、小躍りするくらい喜ぶはずです。彼女の爬虫類トークを堪能したら「今度、一緒に爬虫類カフェへ行かない?」と連れ出しましょう。

時は来た!爬虫類女子のハンティング!

最近、都内で増加中の爬虫類カフェ。大阪や神戸、福岡にもできているそうです。

二人が最も行きやすい爬虫類カフェへと赴いたら、たっぷりカフェ内の爬虫類たちと触れ合いましょう。もしも爬虫類が苦手な人は、彼女が戯れる様子を温かく見守っておくだけにしておいても問題ありません。人間は好きなものに触れていると当然テンションが上がります。そのときに時間を共有している人に対して、自然と好印象を抱くものなのです。

つまり爬虫類カフェで数時間過ごすだけで、あなたの好感度はぐんぐんとアップするというわけなのです。

爬虫類カフェを出たら次はオシャレなバーか、食べ物屋へ移動しましょう。上機嫌な彼女の話を「うんうん」とうなずきながら聞きます。そしておもむろに「笑顔のあなたってとても素敵だね」と言い放ちます。不意打ちの褒めに相手はドギマギすることでしょう。

ここで追い討ちを掛けます。「そうやって戸惑ってるところが最高に素敵。好きになりそう。いや、もうなってる!」と続けます。もう相手はトロトロにとろけきります。あとは近くのラブホへ移動するだけ。さあ、あなたの股間で眠る獰猛な爬虫類を彼女のイソギンチャクにブチこむときがきました。頑張ってください!

ブスの落とし方

今回のテーマはブスの落とし方

ブスといっても2種類タイプがあるので、そこを間違えないようにしてください。アプローチ方法がちがいますので。

  1. モテるブス
  2. 持てないブス

この2つはちゃんと区別しておかないといけません。外から見ただけでは全然区別つかないので(笑。

まずモテるブスの方、特徴はこんな感じです。

  • 明るい
  • 愛想が良い
  • 声が力強い
  • 謙虚
  • 包容力がある
  • 品がある

とまあ、こんな感じです。

モテないブスはこの逆ですね。暗い、愛想がない、声が弱弱しい、横柄もしくは無頓着、自分本位、品も無し。クッソブスですね、これは。

まあ、美人も同じです。ルックスもよくて中身のいいのは前者ですね。

まず、1.モテるブスのアプローチ方法。

美人と違うのは、こちらが背伸びする必要は全くないし、相手がそもそもブスだから、気後れすることもありません。緊張しないから、自然なアプローチができます。

相手はモテるし、自分でもそれがわかっています。しかし、根底には「自分はブス」という意識があります。本気で誘ってくる人はちゃんと見極めていますし、遊び目的の人もわかります。モテるブスに対しては、自然に、誠実に、です。

まずは食事、もしくはどこかへ一緒に出掛けるように仕向けましょう。自然にですね。それさえできればOK。基本的にモテるブスは人を受け入れるのが得意なので、一緒にいて楽しいという印象を与え続ければ、どんどん仲良くなれます。

そして頃合いを見計らって、ガツン!という効果音が鳴るイメージで本気で口説きます。これでOK。失敗してもブスだから大丈夫。別に後悔もしません。次のブスへ行けばいいだけのことです。

このアプローチの仕方になれていけば、つまりブスで練習を重ねれば、自然と美人でも同じことができるようになります。

欲のない人はモテるブスで満足しちゃいますけど、本当のヤリ手はモテる美人を狙います。それは場数、ブスを転がした回数で決まってきますから、やるしかありません。
くれぐれもモテる美人を最初から狙わないように。

魚釣りと同じです。最初から鯛を釣ることはできません。競馬もそう。最初から大穴狙っても当たるわけないですから。

あと、持てないブスをあえて狙う人。はっきり言って一番手ごわいかも。

まずは人間として、ちゃんとコミュニケーションのできるブスに育て上げるところがスタートです。うわ、めんどくせえ。しかしいったん信頼を得られれば、あとはとんとん拍子で進むはず…。というか、そんなブス狙ったことないですけど、そういうブスはコミュニケーションとるだけで慕われるので。
モテたくないけどブスにモテてた、って人結構多いんですよね。

どんな女を落とすにせよ、重要なのはポリシー

どんな女を落とすにせよ、重要なのはポリシーを持つこと

ポリシーって何かというと、自分の生き方そのもので、譲るものと譲れないものの線引きがキチンとできている人のことです。

この線引きが緩すぎると、ふわふわした印象になります。逆にキツすぎると頑固で不器用な人間になります。適度に自分を持っていないと、男性女性関係なく、ナメられます。

要するに、小物ってことです。

小物がモテると思いますか? モテるわけないでしょう。

一見頼りがいがなくても、話してみると自信に満ち溢れている人、周りにいませんか。

逆に自信がない奴はバカにしたくなるし、利用したくなる。

で、自分は自信がない、って思っている人。女性に優しくし過ぎてるでしょ? 合わせすぎてません?そんな奴は女性にとっては付き合う対象には絶対になりません。

友達どまりです。良い人どまり。女性はね、尊敬できない男性になびくことはまずないです。こいつスゴイなって思うところがないとダメ。

不細工でもイケメンでも同じです。イケメンがモテるのは顔のつくりもそうだけど、自信がある(ように見える)から。それがイケメンでよりサマになるからです。

まあずるいんだけどね。でも外見だけで付き合うかどうか決めるわけじゃないから、不細工なやつにもチャンスはある。チャンス自体は平等だよ。

不細工なやつは自信を持つことが大切だけど、それをどうやってつくるか。何か他の奴に負けないものを1つ持てばいい。趣味でもいいし、勉強でもいい、偏った知識でもいい。人脈でもいい。金はダメだ、なくなったらすべて失うからね。

その自信のあるものを軸にして、普段の生活で信念とか価値観、生き方を練っていく。それが芯になるし、ポリシーになっていく。

ポリシーができれば、他人に優しくなれるし、女性でもそう。

で、ここからが本番。

ポリシーをもって、自分の存在に自信がある状況になっている。もう自然と尊敬を集める存在になっているはずだ。女性にも男性にも自然に優しくなれる。自信があるから。女性へもお金をかけずに懐の深さを見せられる。

たとえば疲れたとき、熱いとき寒いときを見逃さず、ジュースやコーヒーを奢る。雨が降ったときの傘をさりげなくプレゼントする。遅くまで仕事をしている女性にコンビニのお菓子をあげるなど、500円以下の最小限の投資で最大の効果を得る方法はいくらでもある。

コミュニケーションの機会をつくることもでき、懐の深さも見せられるから一石二鳥だ。

ただくれぐれも、自分に自信がない奴はやらないほうがいい。ただの良い人、気持ち悪い人になってしまうから。

セフレ攻略でいちばん大切なのは、優良な出会い系サイトを見極めること

セフレ攻略でいちばん大切なのは、優良な出会い系サイトを見極めることです。

出会い系サイトの料金形態ですが、以下のようなものがあります

  • 月額制有料サイト
  • 従量制有料サイト
  • 完全無料サイト

月額制有料サイトとは…

月に決まった額を支払うことで使用することができる出会い系サイトです。大体は3000~5000円の基本料金のサイトが多いようです。ただし、基本料金だけでは全ての機能を使えず、出会うために必要な機能を使おうとすれば多くの追加料金がかかる場合がほとんどです。オススメできません。

従量制有料サイトとは…

自分の使いたい分だけ料金を支払い、使わなければ料金のかからない出会い系サイトです。とはいっても、もうすこしもうすこしと使っているうちにどんどん料金がかかってしまいます。

完全無料サイトとは…

いくら使用しても料金が一切かからない、その名の通り、完全に無料で使用できるサイトのことを言います。しかし、その多くは詐欺サイトです。

ちょっと待って。本当にその子はサクラ?

今まで出会い系サイトでやり取りをしてきて、たくさんのサクラと遭遇してきたと思い込んでいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。本当にその子はサクラだったのですか?

  • あなたの希望が通らない
  • もしくは希望が通っても、予定を変えられた
  • ドタキャンされた
  • 直メールを断られた…etc

たかがそんなことでサクラかどうかを判断するのは、最近の出会い系ではご法度です。男性が出会い系について知識を持つようになってきたということは女性側もたくさんの知識を持っているということです。

それを理解したうえで、女性を安心させることのできるメールを送ってあげる。それが大切な男としての義務ではないでしょうか。

義務を達成しないものに、成功はない。

これ、私の名言です。

だいたいフリーメールで登録しておけば、安全面の心配はありません。

登録したメールアドレスというのはいつどこで流出するのかがわからないというのが実情ですので、用心に越したことはありません。

さらにサイト内でメールを受信した際に、連動して登録したメールアドレスに通知がいくようになっているサイトがほとんどです。すぐに受信に気づけるのはとても便利なのですが、これが携帯メールで登録してしまった日には大変なことを招きかねません。

彼女や妻の目の前でその通知メールを受信してしまって、今のは誰から?と聞かれてしまう可能性もあるわけですから、そういったリスクはなるべく回避しましょう。

出会うために絶対必要な「予算管理」とは?

出会いのテクニックは数あれど、スケジューリングと予算管理にフォーカスしたものはあまり見かけません。

出会いもビジネスも、時間とお金の管理が大切。

なぜかって?

それは「見切り」のためです。

出会い系の自分ルール

出会い系を利用する前に自分の中でルールを決めます。

  1. 一人の相手に使う許容総時間
  2. 一人の相手とコミュニケーションする最大期間
  3. 一人の相手に使うお金

この3つは最低決めておきましょう。

経験上の知見を踏まえても良いですし、出会い系の経験が無い、あるいは出会ったことが無い人は、自分の日常生活や収入と相談して決めます。

この3つは、かければかけるほど、出会える可能性が低くなっていきます。

それを忘れないようにしておきましょう。

だいたい時間でいうと1日10~15分、期間は2週間~1ヵ月、お金は0円~3,000円ってとこが目安です。

時間をかければかけるほど、出会えない

ターゲットの絞込みもそう、メッセージのやり取りなどもそう。これはスピード勝負です。

相手も時間があるわけじゃないし、素人の場合は暇つぶしってことが多いですからその瞬間瞬間のやり取りが大事。絞込みをすばやく、メッセージのやり取りをスピーディに。

レスがマメでしかも早ければポイント高いすから。女性何人もピックアップして、いちいちやり取りしてたらそれぞれのレスも遅くなります。「にぶいわコイツ」って思われるのがオチ。

期間をかければかけるほど、出会えない

長々と相手を選んだり、じっくりメッセージのやり取りをしてると、時間ばっかくっちゃうし、業者に引っかかっちゃう確率もアップします。

相手がのっぴきら無いってコトもありますが、それはあなたと外で会う気は無いって意味なので、早めに見切りをつけましょう。

メッセージじゃ何だから外で会いましょう!ってな感じで。それに乗ってこなかったら脈ありません。

お金をかければかけるほど、出会えない

これは説明するまでも無いですね。

メッセージのやり取りするために、じゃんじゃんお金つぎ込まないとダメ、なわけがありません。

業者の思うツボです。

無駄なメッセージ、無駄なチャットは絶対しない! メッセージのやり取りするのはお金がいる、というのが当たり前になっちゃうともう、マヒ。

といった感じで、使うべき時間とお金をしっかり管理し、スケジュールリングしながらやり取りしていくと、欲望に流されず、効率的に出会う確率をアップできます。

ネットの掲示板などを使って出会いを求める。これは自然の成り行きだと思います。

普段の生活の中で、なかなか新しい出会いは生まれません。

幼馴染と恋人同士になって……、その感覚が私にはわかりません。なんというか、個人的な意見ですが、異性と感じないんですよね。あくまで友達感覚というか。幼馴染が「恋人できた」とか。それは普通に聞けるんですけど。ですから、学校が変わったとか、バイト先が変わったとか。そういうタイミングで出会った人と付き合うことが多かったです。

けど、今は普通に会社員をやっていて、職場の人に手を出すと、万一後で別れた時が気不味い……。そう思うと手が出せません。

そうなると出会いがないんですよね。結構多いんじゃないでしょうか。

そこで、ネットの掲示板などを使って出会いを求める。これは自然の成り行きだと思います。ネットを使ってなんて、なんか恐いとか、いかがわしいとか。そう思う方もいるかも知れませんが、実は昔からこういうシステムがありました。

雑誌の読者欄に「文通希望」ってあって。これって文通とかこつけた、出会い探しじゃないですか、そんなの。でもこの「文通」の方式は今のネットでの出会いを安全に進めるために役に立ちます。

失敗しないために、安全に利用するために。私が気をつけていること。それは、”がっつかないこと”。時間をかけて相手を知るようにすることです。

時々テレビで出会い系を利用して……という事件がありますが、いまや無数に行われている出会いの中のごく一部です。車に乗ったら事故に遭いました。その確率よりも低いのではないでしょうか。

でも、万一が恐い。

そこで、相手を知ることに時間をかけます。出会い系でフィーリングがあって。何度かメッセージのやりとりをして、会う約束をします。

待ち合わせの場所にいくのですが……わざとすっぽかします。これは相手の容姿の確認と、その時の反応を見るためです。実際には自分もその場所に行き、こっそり相手を確認します。

だから、わかりやすい特徴を教えてもらうことが重要ですね。バッグの色、靴の色……など。遠目でも分かるように。

そして「ごめん、急用ができて会えなくなった」、とメール。そのメールの反応でまだ続けていくかを決めます。性格がいいかどうか、ある程度見えてきます。

そして次も待ち合わせでは自分が先に行って待っている。相手が来た時には「○○さんですよね! すぐわかったよ」、と声をかける。当然自分は前に下調べしてますし、相手ははじめてだから知らないし。ビックリすると。

そしてカフェなどを利用して、ゆっくりとお話をする。あまり深くならないように、けど、相手の身辺の状況が分かる情報を聞き出します。その日はそのまま別れます。

そして、安全だな、相手も自分に好意を持ってるな、と判断してから!

次に会う約束の時にまぁ、積極的に出て行く。

この作戦です。

参考になればと思います!

無料出会い系サイトに登録すると芋づる式に悪質サイトと繋がる

無料出会い系の危険なところは、知らないうちに別サイトに個人情報が登録されてしまうことです。

新規会員になるのも、パソコンのメールアドレスさえ記入すればOKというサイトが多いので気軽に登録できるようなイメージがありますが、それは大きな間違いです。アドレスを取得した運営業者は、会社名を変えただけの別の悪質な出会い系サイトへの登録も裏で同時に行っているのです。

それも、かなり巧妙に無料出会い系サイト側と似たような登録完了メールを送ってくるため、なかなかそのことに気が付きにくいです。

気が付いたときにはメールボックスが、色々なサイトから送られてきたごちゃ混ぜのダイレクトメールだらけ……ということにも成りかねません。

私の場合、たまたまその無料サイトでしか使わないアドレスを登録したため事なきを得ましたが、これが主要に使っているアドレスだと悲惨なことになります。

無料出会い系の恐ろしいところは、退会手続きが形だけのものになっているということです。

私も別のサイトに勝手に登録していることに疑問を感じ、色々と調べたところアドレスの出処がとある無料出会い系のサイトであると結論づけました。

しかし、そのことについて連絡しても「我が社とは関係ありません」の一点張りです。登録された時間はほとんど同じであっても、裏で繋がっていることの証拠がないためそれ以上の追求のしようがありません。

退会しようにも、『退会すれば罰金を科す』と長々と書かれた利用規約の隅に書かれた一文をいかにも法的な根拠があるように言い、不服の場合は裁判を行わせていただきます、とほとんど脅迫に変わりないことを伝えられ退会を認められませんでした。

結局、そのアドレスは二度と使わないということで捨てました。

幸いなことに、登録情報は年齢や住んでいる地域・自己紹介に嘘を交えていたこと・電話番号や本人確認書類の提出をしていなかったので(元々それらの確認はありませんでしたが)、事なきを得ましたが、もし自分のプライバシーに関わる情報がバレていたらと思うとゾッとします。

今回、この文章を書くにあたってこのことを思い出し久しぶりにこのアドレスのメールボックスを開いてみましたが、大量に送られてくる見知らぬ女性からの熱烈なお誘い文の嵐を見て鳥肌が立ちました。

随分昔に登録したアドレスの情報が、次々と別の新しい悪質サイトに登録していっているようです。

くれぐれも、普段使っているメールアドレスをこのような無料出会い系サイトに登録することはしないで下さい。