インテリ女を狙うという戦略

今年のバレンタインを控えた2月初旬、ニューズウィーク日本語版で、出会い系サイトが取り上げられ、中高年に異性との出会いやデートを勧める記事が掲載されました。

ニューズウィーク日本語版の主要な読者層はビジネスパーソンですが、環境問題など、幅広いテーマが取り上げられることから、主婦や学生にも人気があると言います。

読者の年代層では30代前半がもっとも多く、次いで40代前半、30代後半と続き、30歳から44歳までの読者が全体の4割程度を占めているようです。

こうした購読層を持つ雑誌で、中高年に向けて出会い系サイト利用を促すかのような記事が書かれたことは、マーケティング的に見れば当然かもしれません。結果的に、これから少なからず影響が出て来るのではないかと期待されます。

というのも、明らかに出会い系サイトの取り上げられ方が、今までとはスタンスが異なるからです。

かつて出会い系サイトを記者の体験談風にまとめて取り上げていたのは、もっぱら男性を読者層とする『週刊ポスト』や『週刊現代』などでしたから、ニューズウィークが正面切って取り上げ出したことは、それ自体エポックメーキングです。

さらに出会い系利用を勧める記事を書いた記者は女性であるだけに、意識の高いキャリアウーマンやインテリ主婦などが、記事に触発され出会い系サイトに興味を持ち出す可能性は十分にあります。

女性記者は駐在するアメリカで出会い系サイトが隆盛状況を迎えているのを目の当たりに見て、やがて日本でもこの現象が起きるだろうと見ているふしがあります。

この記事を好機ととらえ、インテリ女を狙ってみてはいかがでしょうか。

なぜインテリ女か

まず、経験的に頭の回転のよいインテリ女ほど割りきりが早く、納得さえすれば簡単にやらせてくれるからです。

感情でものごとを考えません。論理で考えるので、条件がそろえばセックスまでの話が早いのです。

また、キャリアウーマンだと金も持っていますから、奢らせることも出来ます。

同時に、仕事のストレスを溜め込んでいるキャリアウーマンも少なくないので、激しいセックスを好むのもインテリ女の特徴です。生にも性にも貪欲で意欲的なんですね。セフレにはもってこいです。

仕事もするし、セックスも人一倍好き。だけど職場で浮いた噂はご法度。こっそり登録出来る出会い系は、合理的に擬似恋愛をして、セックスを楽しむのにもってこいだと考えています。

つまりニューズウィーク誌日本語版の記事は、こうしたインテリ女の持つウォンツ、ニーズにまさにぴったり、おあつらえなわけです。

インテリ女は逆差別経験者

内閣府が男女参画社会を推進していますが、そうした取り組みを国挙げてしなくてはならないほど、現実の社会で女はまだまだマイノリティです。

とりわけインテリ女は、社会的には本来勝ち組になるわけですが、男社会の中のようにそれがストレートに、地位なり収入に結びついていなかったりするわけですね。

それどころか、インテリであるがゆえに同性の女から煙たがられたりといった、いわば逆差別の経験をしているインテリ女は珍しくありません。

なかなかインテリ女も実情は寂しいものなんですね。

出会い系サイトにしても、海外にはIQの高い人間だけの出会い系があるそうで、入会のためには入学試験並みの検定試験を受けて、それをクリアしないと入れてもらえないそうです。

ところが日本にそういう出会い系サイトはありません。それで、インテリ女も大手出会い系サイトに紛れ込んだりしてくるわけです。

まさに逆差別を受け続けているともいえるわけです。それだけにインテリ女の心と体の隙間に入り込んであげれば、喜んでもらえること請け合いなのです。

権威としてニューズウィーク誌を引っ張り出す

メールを書く際、権威ある媒体の文言を引用するのも、説得力を持たせる一つの手ですね。

ニューズウィーク誌の日本語版は、舶来好みの日本人に、それなりのインパクトを持っています。読んだことはなくても、名前だけなら聞いたことがあるというインテリ女も少なくはないはずです。

また、日本女性の海外ブランドに対する弱さも、こうした海外誌の日本語版を引き合いに出すことを有利にします。

車で言えば、右ハンドルの外車といったところでしょうか。女を乗せるのに、逆輸入した左ハンドルの国産車ほどバカらしいものもありませんから、同様にデイリー読売なんかよりニューズウィークははるかに女受けがいいんです。

ただ、いささか残念なことに、ニューズウィーク日本語版の発行部数は6万弱と、雑誌媒体の中でもかなり劣勢で、朝日新聞系のAERAの10万に比べても少ないですね。

名前のインパクトは大きくても、実際にインテリ女がこの記事を読んでいない可能性は高いですね。

それでこちらからどんどんこの記事を宣伝して、インテリ女にニュースソースを提供するなりして、出会い系サイトの有用性を訴える作戦は必要かもしれません。

いずれにしろ、とても有用な記事なので、どんどん活用してインテリ女を落としたいですね。

メールを2~3度やりとりできれば、会える確率は80%です

男女の出会いを目的としたサイトの場合、メールを2~3度やりとりできれば、会える確率は80%です。

女性の側も会うことを期待してメールをしているのだから当然といえば当然なんですが。

ところが、まず、出したメールの返事をもらうこと、実はこれが一番難しいことです。

出会い系サイトの男女の比率を考えると、圧倒的に男性が多いのが常識です。

返事がもらえたからといって焦ってはいけません。まずは相手のことをじっくり知り、自分のことを知ってもらいましょう。

逆に会ってしまえばセックスは簡単です。

簡単にセックスに持ち込めてしまうと、それはそれで物足りなくなるようになってしまいました。

やはり過程があってこその結果というか、盛り上がりが違ってきますね。

なにより、積み上げてきた中での背徳感と隣り合わせのセックスはもえますよ。

セックス中に旦那のことを意識させるだけで濡れ方が全然違いますから。

ちょうど夏の季節でしたらオススメしたいものがあって、それは汗まみれセックスです!

エアコンなどを切って激しいセックスに勤しみましょう。

もちろん汗まみれで大変疲れて臭くなりますが、それがやみつきになりますよ。

セフレがデキる男とデキない男の最大の違いは「出会えるサイトを利用していること」

セフレがデキる男とデキない男の最大の違いは「出会えるサイトを利用していること」です。悪徳サイトに騙されてはいけません。

ニュースなどで出会い系サイトがきっかけで起こった事件が報道されていたり、ワンクリック詐欺や利用していない料金まで不正請求されたケースなどといったネガティブな話題を目にすることがあるかと思います。

そういった情報を見ていると、出会い系って危なくて怖いところなんじゃ?という漠然としたイメージをもつかたも多いと思われます。それは正しくもあり、間違いでもあります。

たしかに一部の悪質なサイトに登録してしまうと、スパムメールが届くようになったり、見に覚えのない請求が送られてきたりなど、不快な思いをする可能性は大いにあります。しかし、そういったサイトは本当に一部なんです。

現実世界においても、いわゆるぼったくりバーと呼ばれるような悪質なバーがありますよね。だからといって真面目にやっている老舗のバーまで悪く言うのはお門違いというものです。それは出会い系においても同じことが言えるでしょう。

出会い系においても定番で老舗のサイトというものは存在します。利用者がいなければ継続することが出来ないのですから、長くやっている出会い系というのはそれだけで信頼の証とも言えます。

このサイトで紹介しているサイトはそういったサイトばかりですので、ご安心ください。

ところで、悪質なサイトってどんなサイトでしょう?

まずあげられるのはやはりサクラの存在でしょう。

サクラとは運営会社が雇った人物が一般女性になりすまし、あたかも会う気があるようなメールを送りつづけて男性側に無駄なポイントを消費させるために存在します。

出会い系の多くは男性が有料で、女性が無料です。なのでいかに男性にメールを送らせるか、というのが運営会社の利益につながるわけですね。

優良な出会い系サイトであれば、わざわざサクラを雇うまでもなく一般男性と一般女性がやりとりをしてくれるのでその必要がありません。ですが悪質なサイトでは…サクラを雇い、過激なメールを送って男性を煽り、男性側のポイントを搾り取っていきます。

そのサクラの見分け方としては「おいしすぎる話」をしてくる人には注意をしよう、ということです。例えばエッチだけ出来る人を探しているからすぐ会いたい、など。

正直な話、エッチだけしたいのであればそれなりの女性ならすぐですし、わざわざメールでやりとりというまどろっこしいことをする必要はありません。

そして最近多いのが「税金対策のため大金を受け取ってくれる人を探している」といったような触れ込みで、お金で釣ってくるパターンです。宝くじにあたっただの、表に出せないお金があるだの、その理由は様々ですが、大金をチラつかせてメールを続けさせようとする部分は同じです。

シラフの状況で話を聞けば、そんな馬鹿な話に騙されるわけがないと思うかもしれませんが…相手もサクラのプロなのです。実に巧妙な手口と雰囲気作りで、ころっとやられてしまうものですよ。

また、ワンクリック詐欺にも注意してください。

出会い系が流行して悪質な会社がたくさん増殖しました。

一番多かった詐欺がワンクリック詐欺による悪徳なセフレ出会いサイトです。

それは登録完了ボタンを押したら、『ご登録有難う御座います』と大きく表示され、その下に料金が発生したことを表示し、請求するといった典型的な悪徳詐欺の手法です。

日時と貴方のパソコン情報、パソコン機種、プロバイダー、が記載され○○迄に振込みを完了して下さいと、脅迫じみたものです。

しかも振込みがない場合は連絡しますと追記してありますので、恐怖感を煽ります。

まず個人情報保護法がある近年、パソコン機種やプロバイダーが分かったぐらいで連絡先が分かるわけがありませんので、完全無視でもOKです。

実は、私も経験があり、その時は本当にビビって警察に電話までしましたが、何の音沙汰もなかったです。

対処法としては、利用規約をよく読みましょう。規約がないサイトは悪徳なセフレ出会いサイトです。

規約があった場合でも、料金が発生するサイトは必ず注意書き・確認ページを設置する義務が法律であります。設置がされていない場合は法律違反なので、一切払う必要がないという事を忘れないで下さいね。

出会い系サイト攻略のための手帳術

世の中には、いろいろな手帳術が存在しますね。

手帳というのは、出会い系サイトでの活動にも役立てることができます。

はたして、手帳にはどんなことを書けばいいでしょうか?

デートの予定? メールをした内容?

それらも大切ですが、もっとも大切なのは、○日にメールを○通書くという予定です。

なかなか出会い系サイトのを始めるモチベーションがわかない。メールをしなきゃいけないのはおっくうで手につかない。

そんな悩みを抱えていませんか?

そんなときは、手帳やカレンダーに「メールを書くという予定」を書き込んでしまうのです。

コミットメントと一貫性

第二次大戦中の中国では、捕虜にしたアメリカ兵に、共産主義を讃える文章を書かせたそうです。「一度関与したものは、間違っていると思っても、そのとおりに行動してしまう」という人間の性質を利用して、共産主義者を増やそうとした策略でした。

つまり人は、自分が書いたものにコミットメントし、守ろうとする心理がどうしても働いてしまうのです。

これを心理学の用語で「コミットメントと一貫性」と言います。

「コミットメントと一貫性」を利用すれば目標達成にも利用できる

だから、世の中のおおくの成功者は「目標を紙に書け」といういのです。

だから、イチローや本田圭佑は、成功したのです。

もちろん、目標を立てただけで成功したのではありません。でも、目標を立てなければ成功することはなかったでしょう。

なぜなら目標を立ててしまえば、そのとおりに行動しなければいけないという心理が潜在意識に働きかけるからです。

でも、目標が実現しないかもしれない?

もしそうだとしても、紙に目標を書くことなんて、ほんとうに簡単なことのはず。たった数十秒で済む話です。

何のデメリットも存在しないのです。

恋愛代行サービスに見る出会い系サイト利用の可能性

「飲んだら乗らない」は有名な交通標語ですが、それでも何かの行きがかり上、クルマで来ても誘われてつい飲んでしまった経験は、多くの方がしているところではないでしょうか。

そうなってしまった時のために、運転代行というサービスが繁華街で普及しているのは、周知の通りです。

代行ばやりの昨今ですが、世の中には恋愛を代行する恋愛代行サービスも存在します。主に彼女を探している男性に対して、代行会社が最適な相手を見つけて来て、カップルを誕生させるまでを業務とします。

運転代行の仕事をするには、運転免許が必須ですが、恋愛代行ではコンシェルジュすべてに心理学研修を施し、受講が終了するまで現場には出さないそうですから、さしづめ心理学が仕事に必須な免許証ということになりそうです。

そして、心理学を駆使する恋愛代行では、彼女の調達に出会い系サイトが使われているようです。

心理学に裏打ちされた恋愛代行は、きわめて高い成約率が自慢だそうですが、依頼主に代わって、どうやると出会い系サイトで彼女が見つかるのでしょうか?

代行業のあらましを、かいつまんでご紹介します。

プロフ、メールも代行する

プロフィールの作り込みという、基本にしてきわめて重要な作業から代行して、プロフに貼る写真は依頼者と共に相当吟味するようです。

ここで、プロフィールで使う文章の作成にせよ、載せる写真の選択にせよ、すべて心理学を応用して、思わず女性が反応したくなるような紹介文章を依頼者に代わって考案し、同様に女性がメールしたくなるような写真の見せ方を徹底追求するそうです。

載せる写真に関しては、代行業者に言わせると、問題なのは容姿ではなく、写真の見せ方になるのだそうです。

具体的にどういう見せ方をしているのかまでは、企業秘密ですから分かりませんが、さる著名人が取材を受ける際、カメラマンにアングルまで指定していた話などは、会う前は実物より見せ方が重要であることを示唆しているといえますね。

そして次に、一番労力を要するメールのやりとりについては、コンシェルジュが依頼者に代わって、依頼者の魅力を相手に伝え、デート(面接)にこぎつけるまですべてを代行して面倒を見るそうです。

依頼者は一切メールの文面を考えることなく、ただやりとりの結果を待てばいいそうです。言ってみれば出会い系サイトの肝とも言える部分を完全に他人が行うわけですね。

男と女では脳の作りが違う

恋愛代行業者は、恋愛を成就させるに当たり、心理学と並んで脳科学を重視するようです。

脳科学が教えるところによれば、男と女では脳の作りが違い、まず脳の大きさからして異なっていて、女の方が8%小さいんだそうです。

ところが、女の脳は小さい分、右脳と左脳とが密接に連携していて、マルチタスクの働きを見せる特徴があり、この点は男よりはるかに長けているそうです。

そのため、女は仕事、家事、恋愛をいつでも頭の中に入れて置くことが出来、これらに対して考えを同時に巡らすことも出来るそうですが、男にはこれが出来ないそうです。

そして、この違いは、自分の体調や目の前で起きている出来事、さらには感情の変化に対しての感じ方にも現れ、女は何かと敏感であるのに対し、相対的に男は鈍感ということになるそうです。

確かに、男は仕事を始めると仕事のことばかり考えがちで、逆に女の仕事振りが注意力散漫に思えたりすることがなくはありませんね。

それで、こうした男女の違いを認識しないまま出会い系サイトを利用しても、メッセージが女に響かないどころか、場合によっては女を怒らせてしまったり、すれ違い状態になったりするのだと言うわけです。

それではいつまで経っても女を口説けないので、脳科学に通じた恋愛代行業者が、女の特性に合わせて行動心理学を組み合わせることで、依頼者に有利な環境を意図的に作り出して、女との面接に導くのだそうです。

恋愛代行から収斂してくるもの

出会い系サイトを利用するに当たり、プロフィールの作成、写真の選択といったことは、基本にしてきわめて重要な準備行動です。

代行業者も、相手から反応を引き出すためにはここが大事と心得、力を入れて対処しているみたいですね。

次いで、出会い系サイトの肝ともいえるメールでは、心理学を駆使して女が思わず返信したくなるような文面を練り込んで送信して、返事が来るとすかさず脳科学で得た知見を元に、依頼者が有利な状況で会えるように画策をするということでしたね。

キーワードを引き出すとすれば、プロフ、写真、メール、脳科学、行動心理学といったところでしょうか。

このうちプロフ、写真、メールは、まともに出会い系サイトを利用している人であれば、まず間違いなく力を入れる部分ですから、三種の神器とでも言えるかもしれません。

恋愛代行業者は、この三種の神器に脳科学と行動心理学をプラスアルファして女を口説く黄金則を形成しているようです。詳細は企業秘密ですから分かりませんが。

複数の出会い系サイトに代行をかけるプログラムは現在、申し込み多数で受付を中断しているそうですから、代行依頼は相応にありそうです。

自分でやってうまく行かなかった人が、起死回生を図って代行業者に丸投げしているのでしょうか。

この事象から演繹されることはいろいろですが、一番に思ったことは、代行業者は恋愛というより出会い系サイト利用のプロなんだなということです。

依頼者がどういう顔をしていようと関係なく代金を徴収して、出会い系サイトから女を引き当てることを請け負い、事実かなりの確率で女を引いて来るわけですから、していることはまさに出会い系サイト利用のプロです。

出会い系サイトでは、こんなことも出来てしまうんですね。

恋愛代行というお仕事や業務内容はさておき、改めて出会い系サイトの可能性を感じさせられたというのが実感です。