どんな女を落とすにせよ、重要なのはポリシー

どんな女を落とすにせよ、重要なのはポリシーを持つこと

ポリシーって何かというと、自分の生き方そのもので、譲るものと譲れないものの線引きがキチンとできている人のことです。

この線引きが緩すぎると、ふわふわした印象になります。逆にキツすぎると頑固で不器用な人間になります。適度に自分を持っていないと、男性女性関係なく、ナメられます。

要するに、小物ってことです。

小物がモテると思いますか? モテるわけないでしょう。

一見頼りがいがなくても、話してみると自信に満ち溢れている人、周りにいませんか。

逆に自信がない奴はバカにしたくなるし、利用したくなる。

で、自分は自信がない、って思っている人。女性に優しくし過ぎてるでしょ? 合わせすぎてません?そんな奴は女性にとっては付き合う対象には絶対になりません。

友達どまりです。良い人どまり。女性はね、尊敬できない男性になびくことはまずないです。こいつスゴイなって思うところがないとダメ。

不細工でもイケメンでも同じです。イケメンがモテるのは顔のつくりもそうだけど、自信がある(ように見える)から。それがイケメンでよりサマになるからです。

まあずるいんだけどね。でも外見だけで付き合うかどうか決めるわけじゃないから、不細工なやつにもチャンスはある。チャンス自体は平等だよ。

不細工なやつは自信を持つことが大切だけど、それをどうやってつくるか。何か他の奴に負けないものを1つ持てばいい。趣味でもいいし、勉強でもいい、偏った知識でもいい。人脈でもいい。金はダメだ、なくなったらすべて失うからね。

その自信のあるものを軸にして、普段の生活で信念とか価値観、生き方を練っていく。それが芯になるし、ポリシーになっていく。

ポリシーができれば、他人に優しくなれるし、女性でもそう。

で、ここからが本番。

ポリシーをもって、自分の存在に自信がある状況になっている。もう自然と尊敬を集める存在になっているはずだ。女性にも男性にも自然に優しくなれる。自信があるから。女性へもお金をかけずに懐の深さを見せられる。

たとえば疲れたとき、熱いとき寒いときを見逃さず、ジュースやコーヒーを奢る。雨が降ったときの傘をさりげなくプレゼントする。遅くまで仕事をしている女性にコンビニのお菓子をあげるなど、500円以下の最小限の投資で最大の効果を得る方法はいくらでもある。

コミュニケーションの機会をつくることもでき、懐の深さも見せられるから一石二鳥だ。

ただくれぐれも、自分に自信がない奴はやらないほうがいい。ただの良い人、気持ち悪い人になってしまうから。