出会い系サイトの危険

出会い系サイトには、必ず業者がいると思わなければなりません。

もちろん大手出会い系サイトにはサクラはいませんが、悪徳業者が女性会員として侵入しています。

でもちょっと慣れれば、結構見分けることもできるようになります。

まず一番ヤバイのが、やたらノリが良いコ。メールとかも絵文字テンコ盛りや派手なデコメで、しかもすぐに「会おう」という話になったら黄信号、いや赤信号です。

世の中、そんなオイシイ話は滅多にありません。写メやプロフィールを細かく公開している相手も要注意。そこまでして遊びたい個人なんて、まずいませんよ。すぐに会えても「ねえ、お小遣いくれる?」なんてことになるかも。

悩み相談などを持ちかけられるのも要注意。これは相手に同情させてやり取りを長引かせ、サイトの課金を増やそうとする手口に多いですね。例えば、人妻に「最近夫が相手をしてくれなくて寂しい」なんて言われたらグラっと来てしまうかもしれませんが、そんな人妻は出会い系じゃないところの方が多いですよ。

ネットでは女性のめんどくさい部分が浮き彫りになりがちです。

それでもいろいろな意味でリスクが高いので、悩み相談系は早めに切り上げたいところです。とりあえずこちらが「会いたい」と言ってみて、違う話ではぐらかして来たら、筆者ならすぐ切りますね。

あと、こちらをやたらホメて持ち上げて来るコも、激しく胡散臭いですね。どんな出会い系でも、”すぐオイシイ”という話はなかなかありません。中には良い付き合いができる相手もいますけど、やはりそれなりに時間をかけていろいろ話してから会った相手が一番確実です。

それなりに投資必要だし失敗もするかもしれませんけど、オイシイ思いができた時はまた格別ですよ。だから出会い系はヤメられない!